タイプ別に見るお酒との付き合い方~顔が赤くなるタイプ~

タイプ別に見るお酒との付き合い方~顔が赤くなるタイプ~ イメージ画像

タイプ別にみるお酒との付き合い方。今回はお酒を飲むと顔がすぐ赤くなってしまう人の、体内でのアルコール分解の仕組みと実際にお酒と付き合っていく方が望ましいのか紹介していきたいと思います。

お酒を飲むと「顔が赤くなりやすい」理由

アルコール感受性とは、お酒の成分を自分の体内でどのように受け取るかということ。顔が赤くなるということはアルコールからアセトアルデヒドへ分解する能力は高いものの、アセトアルデヒドを酢酸に分解する能力が弱い状態です。

毒性の強いといわれているアセトアルデヒドが体内に長時間とどまり続けることになります。そのため、顔が赤くなったり、吐き気などの不快感が現れることになるのです。

お酒が全く飲めないタイプである可能性も

アルコール感受性遺伝子の組み合わせによっては、お酒が全く飲めないタイプに属する可能性があります。このような場合、お酒のアルコール成分をアセトアルデヒドに分解はできるものの、アセトアルデヒドを全く分解することができません。

このような体質を持っていると、ほんの少量のお酒であってもすぐに顔が赤くなってしまいます。

また、「二日酔い」という誰もが知っている症状がおこりやすいのも、長時間体内にアセトアルデヒドが残りやすい体質であるためです。

顔が赤くなってしまう方に送るお酒との付き合い方

もし、ただ単にアセトアルデヒドの分解能力が弱く顔が赤くなっているのであれば、お酒に慣れることで飲めるようになる可能性はあります。しかし、そのような場合でも体内からアセトアルデヒド(毒)を分解しにくいことを忘れないでください。適量以上を飲みすぎれば、当然健康問題に直面します。

少量ずつ、自分の体調と相談して無理なく飲む。これが顔が赤くなる方に適したお酒との付き合い方だと思います。


しかし、もしあなたがお酒を全く飲めないのだとしたら、お酒が飲めない体質であることをできる限り強く主張する方が望ましいです。

また、自分自身がどのようなアルコール感受性遺伝子を持っているのかを把握しておくと、お酒とも計画的に付き合うことができますよ!

自分自身のアルコール感受性を調べられる遺伝子検査キット

GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

お酒に対する強さ・健康への影響を知ることができます。9段階のアルコール体質カードでお酒の強さがわかる!

¥5,700

DNAファクター 生活習慣病リスク遺伝子検査+ダイエット遺伝子

DNAファクター 生活習慣病リスク遺伝子検査+ダイエット遺伝子

生活習慣病に関わる遺伝子を解析して病気のなりやすさをチェック。ライフスタイルの改善に活用できます。

¥107,870

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

病気のかかりやすさ、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さ、寿命の長さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。

¥29,800
→限定価格:¥19,800

その他のタイプ分類について

タイプ別に見るお酒との付き合い方~お酒に強い酒豪タイプ~
タイプ別に見るお酒との付き合い方~お酒が飲めない下戸タイプ~
タイプ別に見るお酒との付き合い方~顔が赤くなるタイプ~