タイプ別に見るお酒との付き合い方~お酒に強い酒豪タイプ~

タイプ別に見るお酒との付き合い方~お酒に強い酒豪タイプ~ イメージ画像

タイプ別にみるお酒との付き合い方。今回はお酒に強い方のお話です。お酒に強い方はアルコールをアセトアルデヒドに分解する能力にかかわるADH1B遺伝子、アセトアルデヒドを酢酸に分解する能力にかかわるALDH2遺伝子が活発に動いているということができます。

体内でアルコールをどのように分解しているのか、またどのようにお酒と付き合うのが良いのか見ていきます。

「お酒に強い」と言われる理由

お酒に強い人とは、言い換えれば人よりお酒を多く飲んでもつぶれない体質を持つ方のこと。日本語でこのような方を「酒豪」や「のん兵衛」という風に呼んだりしますね

このような体質を持つ方がお酒に強いのには、実は体内に備わるアルコール分解能力に秘密があります。

お酒に強い体質を持つ方のアルコール分解能力

人間の体内でのアルコール成分の分解には主に2段階あります。飲んだアルコールをアセトアルデヒドに分解する段階(ADH1B遺伝子)。もう1つはアセトアルデヒドを酢酸に分解する段階(ALDH2遺伝子)です。

アルコールの分解により生じる成分のうち、アセトアルデヒドというのは人間の体に有毒な成分です。アセトアルデヒドが体内に長くとどまれば、これが二日酔いや吐き気などの不調が現れる原因となってしまいます。

お酒に強い人は普通の人と比べ、アルコールを飲んでからアセトアルデヒドを無害な酢酸に分解するまでが早いのです。これが、お酒に強い人がどれだけ飲んでもケロッとしていられる秘密です。

アルコール感受性遺伝子における分類

お酒の主成分であるアルコールの分解には、アルコール感受性遺伝子が分解能力の強さを左右しています。それらの遺伝子には、アルコールをアセトアルデヒドに分解する能力にかかわるADH1B遺伝子、アセトアルデヒドを酢酸に分解する能力にかかわるALDH2遺伝子があります。

分解能力の傾向としてはそれらの遺伝子が活性化しているか、つまり遺伝子がどのようなタイプに分類されるかを示す遺伝子型に注目することで判断できます。お酒に強い人はこれら両方の遺伝子が活性化しており、アルコールを無害化するまでが早いのです。

お酒の強い人でも考えたいお酒との付き合い方

お酒に強い人はアルコールの分解が早く酔いにくいので、飲むのが苦にならないという方が多いようです。しかし、あなたは超人ではありません。あくまでアルコールの分解能力が高いというだけです。

いくらお酒に強いからと言って飲みすぎてしまえば、いずれ肝臓をはじめとする内臓が疲労によりアルコールの分解能力が落ち込んでしまいます。当然人間ですので、飲みすぎは体に毒というわけです。節度を持って、お酒を飲むように心がけるべきです。

自分自身がお酒に強いか分からない場合

しかし、自分自身がお酒に強いかどうかは、お酒を飲むだけでは分かりません。それというのもお酒には酔いにくく、アルデヒドが体内に残りやすい「お酒に強いと勘違い」するタイプもいるため!自分自身のアルコール感受性タイプが分からない場合、まずは気軽に調べてみることをおすすめします。

自分自身のアルコール感受性を調べられる遺伝子検査キット

GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

お酒に対する強さ・健康への影響を知ることができます。9段階のアルコール体質カードでお酒の強さがわかる!

¥5,700(税込)

DNAファクター 生活習慣病リスク遺伝子検査+ダイエット遺伝子

DNAファクター 生活習慣病リスク遺伝子検査+ダイエット遺伝子

生活習慣病に関わる遺伝子を解析して病気のなりやすさをチェック。ライフスタイルの改善に活用できます。

¥96,984(税込)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

病気のかかりやすさ、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さ、寿命の長さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。

¥32,184(税込)

その他のタイプ分類について

タイプ別に見るお酒との付き合い方~お酒に強い酒豪タイプ~
タイプ別に見るお酒との付き合い方~お酒が飲めない下戸タイプ~
タイプ別に見るお酒との付き合い方~顔が赤くなるタイプ~