命の危険もある!喘息の発症にかかわる5つの遺伝子

咳をするマスクの女性

気道の炎症がもとで引き起こされる喘息(ぜんそく)。患者数は400万人を超えるといわれ、重症化すると死亡するケースもあります。

喘息の発症しやすさには、5つの遺伝子がかかわっています。
喘息の原因と関連遺伝子、予防と対策についてご紹介します。

喘息の発症には遺伝子が関係している

喘息とは

喘息は、気道の炎症により咳や痰(たん)、喘鳴(呼吸の際にぜいぜい、ひゅーひゅーなどの音がすること)、呼吸困難などを起こす呼吸器疾患です。胸の痛みやのどの違和感といった症状もあります。
気管支喘息ともいい、咳がでるだけの咳喘息というものもあります。

喘息の人の気道は症状が無くとも炎症を起こしており、健康な人に比べて気道が狭く、空気が通りにくくなっています。
炎症が起こっている気道はとても敏感になっており、ホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激で狭くなり、発作が起きてしまいます。

喘息の発作が原因による窒息死も発生することがあります。人口10万人に対して約1,500人と件数自体は多くないものの、普段の症状の重さに関係無いため、注意が必要です。

炎症の原因

喘息はアレルギー性のものと非アレルギー性に分かれています。
ダニや花粉などのアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が原因で炎症ができるものがアレルギー性喘息で、アレルゲンの特定できないものが非アレルギー喘息です。

カゼやインフルエンザなどの感染症も、気道の炎症を引き起こす要因になります。

1960年代では全体の1%前後だった患者数も、現在は子どもで6%、大人で3%まで上昇しているというデータがあります。
これは家屋構造の変化によるアレルゲンの増加、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレス増加、清潔すぎる環境(免疫仮説、乳幼児期の免疫未発達)などが要因と考えられています。

小児喘息と成人喘息

15歳未満の子どもが発症する喘息を小児喘息(しょうにぜんそく)といいます。子どもは気道が狭く、喘息の症状が出やすいのが特徴です。
小児喘息のほとんどはアレルギー性の喘息で、成長とともに治ります。

小児喘息が治らない、あるいは一度治ってから再発すると成人喘息です。成人喘息は非アレルギー性のものが多く、どういった状況で症状が出るのか、自分で把握しておくのが大事です。

喘息にかかわる5つの遺伝子

喘息の発症しやすさには、5つの遺伝子が関係しているとわかっています。
遺伝子の働きがわかっていないものもありますが、今後の研究によっていずれ判明するでしょう。

LOC729675
遺伝子の特定には至っていないものの、喘息の発症に関連していると考えられている。
TSLP
樹状細胞(免疫を担うT細胞を活性化する細胞)の成熟を促進するタンパク質を産生する遺伝子。
NOTCH4
notchファミリーに属するタンパク質を産生する遺伝子。細胞内シグナル伝達に関与することが知られている。
LOC338591
研究中の遺伝子で、詳細な機能は不明。
IKZF4
イカロスファミリーに属する転写因子であり、リンパ球の発達に関与することが知られている。

喘息を予防するには

喘息の発症を予防するには、気道の炎症を防ぐのが大事です。遺伝的に喘息を発症しやすいと判定された人はとくに注意。

ストレスをため込まないようにし、十分な睡眠をとりましょう。
とくにタバコは厳禁です。タバコは副流煙(まわりに出る煙)の方が有害物質が多いため、家族や周囲の人に吸わないよう協力してもらいましょう。

アレルゲンを特定し、身の回りから取り除くことも重要です。医療機関でアレルギー検査をすれば、自分のアレルゲンが分かります。

喘息の発症しやすさがわかる遺伝子検査キット

ジーンライフ ジェネシス2.0の喘息検査結果
ジーンライフ ジェネシス2.0の喘息検査結果

喘息の発症しやすさは、GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)で検査できます。

原因となるアレルギー体質(アレルギーに反応しやすいかどうか)についても検査できるので、あわせてチェックしてみてください。
遺伝的な発症リスクを知り予防しましょう!

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

病気のかかりやすさ、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さ、寿命の長さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。 総合

価格¥19,800