それ我慢しなくていいかも…遺伝的体質を知って秋太り対策!

もみじと栗

食欲の秋という言葉にもある通り、おいしいものが多くなる季節。秋刀魚(さんま)や栗、松茸など、秋を感じる食材が巷にあふれてきます。

おいしいものが多くなるということで、気を付けたいのはやはり肥満!食の誘惑が多くなるので、つい食べ過ぎてしまうということも…
そんな秋太りを避けるため、意識を高くもち、ストイックに我慢している方も多いのではないでしょうか。

でも遺伝的体質によっては、我慢しなくてもいい食べ物があるかもしれません。秋の味覚とダイエットを両立させる方法をご紹介します。

秋太りと肥満タイプ

秋太りを起こす原因は、おいしい食べ物が増えるからではありません。夏の暑さ・夏バテで減っていた食欲が戻り、気温が下がってくると人間は脂肪を蓄えておこうという本能が働きます。また、気温が下がることで体温の維持にエネルギーが必要になってくるため、余計に食欲が増すのです。

本能にあらがって生きるのはつらいものです。おいしいものを食べてもダイエットと両立できるなら、なんと素敵なことでしょうか!

遺伝子のタイプによって異なる肥満要因

人は遺伝子の型によって太る要因が異なります。例えば糖質代謝が苦手な遺伝子をもつ人は、甘いものなどで太りやすいタイプです。脂質代謝リスクがあると油を分解しづらく、脂肪として蓄えてしまいます。筋肉が付きづらいタイプの人はタンパク質をとるべきです。

逆に言えば、肥満リスクに当てはまらない食材であれば、ダイエット中に食べても問題ありません。食事制限ダイエットはただ食べる量を減らせばいいのではなく、自分の太る原因に合ったものをカットすべきです。

肥満リスクの低い食材はOK!

例えば松茸はキノコ類の中でも糖質が低く、糖質代謝が悪い人でも太るリスクは低いです。砂糖を使わない調理方法にしましょう。逆に栗は糖質が高いので、食べ過ぎに注意です。

脂質代謝が苦手なタイプの人は、油ののった秋刀魚に注意。脂身や揚げ物は太る要因になってしまいます。逆に筋肉が付きづらいタイプの人は、タンパク質摂取のために肉や魚を食べるべきです。筋肉が落ちると太る要因になり、痩せづらくなります。

太るリスクのある食べ物であっても、少量であれば問題ありません。自分の太りやすい要因を知っておけば、控えるべき食材、我慢しなくてもいい食材がわかります。
遺伝子検査では自身の太りやすい要因が肥満タイプで分かり、控えるべき食品・おすすめレシピなどの具体的なアドバイスがもらえます。秋太りだけでなく、今後のダイエットにも活かすことができます。

肥満タイプのわかる遺伝子検査キット

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

かかりやすい病気、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。

¥29,800

GeneLife DIET 肥満遺伝子検査キット

GeneLife DIET 肥満遺伝子検査キット

遺伝子から自分の太りやすい要因がわかり、体質に合ったダイエット方法や、生活改善に役立てることができます。

¥3,980

遺伝子博士 ダイエット遺伝子検査キット

遺伝子博士 ダイエット遺伝子検査キット

肥満タイプを動物イラストで表現しています。検査結果アプリは食生活とライフスタイルの改善に役立ちます。

¥7,800
→限定価格:¥5,800