甘いもので太る!肥満遺伝子β3ARと糖質の多い食品・少ない食品

苺のケーキ

ケーキに菓子パン、ドーナッツにチョコレート…甘いものはいつの世も人を魅了するもの。ダイエット中の方には、目の毒といってもいい存在です。
しかし糖質とはお菓子だけに含まれるものではありません。糖質制限というとまず甘いものをやめるというイメージですが、実際はさまざまな食材に糖質が含まれています。

人には肥満に関する遺伝子があります。特に糖質で太りやすいという遺伝的体質の人は、どういった食品に多く糖質が含まれるか知らなければ、効果的なダイエットとはいえません!

β3AR遺伝子と糖質の多い食品

肥満遺伝子といわれるβ3ARは、糖質代謝にかかわる遺伝子です。この遺伝子の変異型によっては、とくに糖質が太る要因となります。
糖質で太るタイプの人に有効なダイエット方法は、もちろん糖質制限です。効率的にダイエットするために、どんな食品に糖質が多いか・少ないかをチェックしましょう。

肥満遺伝子β3AR

β3AR遺伝子はヒトの8番目の染色体に存在します。この遺伝子はノルアドレナリンというホルモンの受容によって生じる脂肪の分解、燃焼に関与しています。

β3ARに変異があると、糖分を筋肉に取り込むインスリンの働きが弱く、余った糖が内臓脂肪として蓄積されやすい体質です。そのためウエスト周りから太る傾向があります。
お腹から太り全体的に丸いフォルムになるので、肥満タイプとして「りんご型」と呼ばれます。

糖質の多い食品・少ない食品

糖質に注意して食品を選ぶには、どの食品が糖質を多く含むか(あるいは少ないか)を知っておく必要があります。食べてみて甘いと分かるものは控えるべきですが、甘味の少ない食品でも糖質が高いものがあります。

ご飯、パン、麺類

日本人が主食とする白米は糖質が高めです。糖質代謝リスク遺伝子をもつ人は、ご飯を減らすダイエットが効果的です。
玄米も糖質量としては同じくらいですが、血糖値の上昇量が低いのでご飯を食べたくなったら玄米にしましょう。牛丼やうな重など、甘いたれを使った丼ものは要注意!

パン類や麺類も糖質が高めです。
全粒粉パンは低糖質に見えるかもしれませんが、糖質の高い胚芽を含んだ小麦粉なので、糖質は低くありません。一方、小麦の表皮(ふすま粉)を使ったブランパンは低糖質なのでおすすめです。

麺類のなかでも、ざるそばはカロリーが低くヘルシーに見えます。しかし他の麺類と同じく、糖質は低くありません。そばつゆに糖質が含まれるため、控えた方がいいでしょう。
カップ麺などのインスタント食品も、甘味は感じなくとも糖質が多い食品です。

野菜や果物

野菜のなかでも、じゃがいもやサツマイモなどのイモ類、カボチャ、ごぼう、れんこん、玉ねぎ、とうもろこし、トマトなどは糖質が高めです。
一方、キャベツやレタス、ブロッコリー、白菜、キュウリなど、緑色の野菜は糖質が低めです。甘味のあるドレッシングや調味料には注意しましょう。

りんごやバナナ、みかん、ブドウ、桃など、果物には糖質が含まれています。ダイエットとして果物中心の食生活にする場合、糖質リスクのあるタイプの人には逆効果!


糖質代謝リスクの低い人は、糖質制限ダイエットをしても効果が薄いです。遺伝的に糖質代謝リスクがあるかどうかは、検査しなければ分かりません。
また、糖質だけが太る原因とは限りません。さらに他の太る要因も持っている可能性があり、ダイエットが逆効果になることもあります。自身の遺伝的な体質を知り、効率的なダイエット・体型維持をしましょう。

肥満タイプのわかる遺伝子検査キット

GeneLife DIET 肥満遺伝子検査キット

GeneLife DIET 肥満遺伝子検査キット

遺伝子から自分の太りやすい要因がわかり、体質に合ったダイエット方法や、生活改善に役立てることができます。

¥3,980

遺伝子博士 ダイエット遺伝子検査キット

遺伝子博士 ダイエット遺伝子検査キット

肥満タイプを動物イラストで表現しています。検査結果アプリは食生活とライフスタイルの改善に役立ちます。

¥7,800

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

病気のかかりやすさ、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さ、寿命の長さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。

¥29,800
→限定価格:¥19,800