コーヒーを欲するのはなぜ?カフェイン依存にかかわるPDSS2遺伝子

コーヒーを欲するのはなぜ?カフェイン依存にかかわる遺伝子の存在 イメージ画像

朝は一杯のコーヒーを飲むことから始まる。そんなライフスタイルを送っている方も多いのではないでしょうか?コーヒーに含まれるカフェインには、眠気を覚ます効果があるそう。眠気を覚ますための目覚めの一杯というのは、まさに理にかなっているというわけです。

コーヒーをよく飲む人とそうでない人

カフェインには脳を覚醒させる効果を持っています、これにより人は眠気を覚ますことができます。カフェインにはこのような利点がありますが、飲みすぎては体に毒です。それでも、常にコーヒーを飲んでいないと気が済まない、カフェイン依存という症状が現れる人もいますね。

実はこのカフェイン依存症について、近年の遺伝子研究でカフェインの代謝を司る遺伝子がかかわっていることが分かってきているのです。

カフェイン依存に関する遺伝子(PDSS2)とは
人間のカフェインの代謝・分解に関する遺伝子のこと。カフェイン代謝能力により、長時間カフェインが体内に残るタイプと残らないタイプに分類される。カフェイン代謝が強い人は、すぐにカフェインが切れてしまいます。

カフェインが切れ、またカフェインによる効果を得るためにコーヒーを飲む。まさにコーヒーというよりはカフェインを欲する、まさにカフェイン依存症の典型例ですね。

反対にカフェイン代謝が悪い方は長時間体内にカフェインが残るので、カフェイン摂取のためにコーヒーを続けて飲む必要がないというわけです。

まさに負の連鎖!カフェイン摂取のデメリット

カフェインには脳を覚醒させる効果の他に、頭痛の緩和・疲労回復などのメリットも持っています。ただし、これらの効果が見込めるのはカフェインの摂取を繰り返すことによるデメリットもあります。

カフェインの摂取を繰り返せば、だんだんと効果が実感できなくなり余計に疲労を感じるようになります。この疲労を解決するために、コーヒーなどのカフェイン摂取量がだんだん増えてしまう習慣がついてしまいます。これがカフェイン依存症の正体なのですね。


カフェイン代謝など人間の持つ能力は人それぞれ違い、個性があるものです。その個性の違いを作る要素となっているのが、私たち人間を形作る遺伝子!人間にはその他にも記憶力・認知力・持久力など様々な能力があります。

それらにかかわる能力遺伝子について調べることのできる遺伝子検査キットも販売されているので、いつでも簡単に自分の個性や体質について簡単に把握できるようになっていますよ。

人間の能力遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥71,874(税込)

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800(税込)

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800(税込・送料込)