こどもの能力が開花するゴールデンエイジとは?

こどもの能力が開花するゴールデンエイジとは? イメージ画像

「自分のこどもに何か得意なことを身につけさせてあげたい」と多くの家庭がそう願っていることでしょう。こどもの将来を考えた時、幼少期に興味を持っていることをやらせてあげる方が良いというのはよく聞くところですね。実はこれには、こどもの成長期と大きな関係があるのです。

こどもの能力が急成長する!?ゴールデンエイジって?

こどもの成長期には、大きな成長が望めるゴールデンエイジと呼ばれる時期が訪れます。スポーツ面でよく聞く単語かもしれませんが、脳や神経系の発達にかかわってくるため実はスポーツ以外の分野でも成長が望めるのです。

ゴールデンエイジとは
9歳から12歳ごろまでのおおよそ小学校高学年の時期を指します。はじまる年齢に個人差はありますが、この時期にさまざまな物事を吸収しながら急成長できることが知られています。

この時期は誰しも一生に一度しか訪れません。こどもに何か身につけてほしいと考えるのであれば、さまざまな経験をさせてあげることが良さそうですね。

プレ・ゴールデンエイジに何を行うかが大事!

では、習い事を決めるのは小学校に入学してからでいいか?それは、ゴールデンエイジという点で言えば正しくもあり、違ってもいます。なぜならそれは、ゴールデンエイジの時期を迎える前の4~8歳ごろに、プレ・ゴールデンエイジと呼ばれる時期が存在しているため。

小学校の高学年になってから習い事をさせても良いのですが、それ以前の下準備も大切ということです。幼少期から興味を持ったりしているようなことであれば、こどももそれにやる気をもって取り組むことができますよね?

でも親としては、こどもが本当に得意とすることを身につけさせたいと考えることもありますよね。最近では報道でも取り上げられている通り、教育方針を立てるためにこどもの得意分野を学習面・スポーツ面・性格面の分野から知ることのできる、能力遺伝子検査を受けさせる家庭もあるそうです!

時代の波なのか、家庭で簡単に遺伝子を採取して検査機関に送るだけの検査キットも発売されています。ゴールデンエイジへの下準備として、遺伝子検査を受けさせる時代が来るかもしれませんね!

能力に関連する遺伝子検査キット

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800