人体の解毒能力(デトックス)に関係するGPX1遺伝子とは何か?

人体の解毒能力(デトックス)に関係するGPX1遺伝子とは何か? イメージ画像

人間には体内に溜まった老廃物や毒素を体内から排出するための機能が備わっています。この機能は自浄能力や解毒能力といわれるもので、デトックスという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

この不要な老廃物や毒素を外に出すためのデトックスが行いやすいかどうかについて、遺伝子で調節されていることが分かってきました。このような機能まで遺伝子に埋め込まれているとは、人体とは本当に不思議なものですね。

解毒能力は人それぞれ異なる

人間の解毒作用にかかわる遺伝子は、GPX1遺伝子と呼ばれています。体内にある毒素を無毒化し体外へ排出するためのお手伝いをしてくれる、まさに縁の下の力持ちといったイメージですね。

体内の解毒能力にかかわる(GPX1)遺伝子とは
人間の体内にたまった老廃物・毒素や体外から混入した毒に対する、無毒化のしやすさを決める遺伝子のこと。無毒化しにくいタイプに分類されると、体内に毒素を蓄積しやすくなってしまいます。

このGPX1遺伝子の機能によって、毒素を正常に排出できるかどうかが決まります。無毒化できない場合、肝臓でアルコールを無毒化しにくいことで肝炎になったり、皮膚の老廃物を排出できずにシミになったりすることが考えられます。

解毒能力を決めるGPX1遺伝子の3つのタイプ

このように人間の解毒能力にかかわりを持つGPX1遺伝子ですが、この遺伝子はさらに3種類にタイプが分類されています。このタイプにより、体内での解毒しやすさが決まるのです。GPX1遺伝子のタイプは次の通り。

  • AA型:多くの人が該当する型。毒素の分解力は平均的で、問題なくデトックスが機能します。
  • AG型:ほとんどの毒素は無毒化され体外に排出されますが、毒素が体内にたまりやすいタイプ。
  • GG型:無毒化が追い付かず毒が体内に蓄積される傾向にあります。無毒化が最もしにくいタイプ。

人間の遺伝子はまだまだ研究途中。しかし人間の持つ能力について、遺伝子がどのような働きを持つか特定されているものも存在します!このような人間の能力遺伝子については、遺伝子検査キットにより簡単に検査することができるようになっています。

人間の能力遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800