人間の疲労感を左右する!疲労を抑えるNQO1遺伝子とは

人間の疲労感を左右する!疲労を抑えるNQO1遺伝子とは イメージ画像

「なんだか疲れが取れないな」なんて感じることがありますよね?疲労の蓄積が直接的な原因ではあるのですが、もしかすると疲労を抑える働きを持つ遺伝子によるものかも。

環境やストレスにより疲れやすくなってしまうのは、この遺伝子が活性的であるかどうかで決まることがあります。

人間の疲労感を左右するNQO1遺伝子とは

人間が疲労を感じたとき、その疲労を取り除こうとするのがNQO1遺伝子です。疲労を取り除くだけでなく活動の継続のためのエネルギーも生成してくれる役割は、まさに元気の源という感じがしますね!

人間の疲労感を左右する遺伝子(NQO1)とは
ストレスや過度な運動などにより疲れのもとになる活性酸素が大量に発生します。この活性酸素の発生を抑える役割を果たす遺伝子のことです。この他にも活動継続のために必要なエネルギー、コエンザイムQ10の発生にもかかわりがあります。

疲れのもとになる活性酸素の抑制、そして活動エネルギーのもとになるコエンザイムQ10とのバランスをとる役割を果たします。これらのバランスが崩れると、人間は疲労を感じるのです。

疲労感を左右するNQO1遺伝子3つのタイプ

NQO1遺伝子はその活性酸素の抑制力に応じて、3つのタイプに分類されています。これらのタイプによっては、活動バランスが崩れてしまい疲れやすくなるといわれています。

  • CC型:活性酸素を取り除きやすく、コエンザイムQ10の発生も安定しているタイプ。過度な運動時も疲れにくいパワータイプ。
  • CT型:日本人に一番多いタイプ。過度に動けば疲れるし、休めば疲れが取れるバランスタイプ。
  • TT型:活性酸素の抑制力が弱いため、ストレスや環境により疲れやすいと感じるタイプ。疲れが取れないと実感する可能性もあります。

人間の能力には様々ありますが、NQO1遺伝子のように特定の働きを持つ能力遺伝子も存在します。このような能力遺伝子について、自分自身がどのようなタイプに分類するのか調べてみるのも面白そうですね。

人間の能力遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800