あなたの忘れっぽさが分かる!?言語記憶力にかかわるNCAN遺伝子

あなたの忘れっぽさが分かる!?言語記憶力にかかわるNCAN遺伝子 イメージ画像

日常生活の中で人の名前や誕生日を聞いたとしても、いつの間にか忘れてしまっていることってありませんか?私自身はよく忘れてしまうので、何度も何度も繰り返し呪文のようにつぶやかないと覚えられないですね。

さて、他人からの伝聞で得た情報を記憶しておく能力のことを「言語性情報についての記憶力(言語記憶力)」といいます。人間が忘れっぽいかどうかは、この記憶力が高いかどうかに左右されています。人間の遺伝子には、この言語記憶力の高さについて傾向を示す遺伝子が存在しています。

忘れっぽさが分かってしまうNCAN遺伝子

人間の言語記憶力、その言語を伝達する際にかかわってくるのがNCAN遺伝子というわけです。言語の伝達にかかわる遺伝子が活発でないと、忘れっぽくなってしまうのです。

言語記憶力にかかわる(NCAN)遺伝子とは
情報を伝達するための脳神経細胞同士のつながりや移動にかかわる遺伝子のこと。人の名前や誕生日など、言語によって得られる情報への記憶力の高さにかかわります。この遺伝子の性質により忘れっぽいかどうかを判断することができます。

ちなみに人の名前や誕生日だけでなく、英単語や歴史の年号の語呂合わせなどを覚えることも言語記憶力に含まれます。

忘れっぽさを決めるNCAN遺伝子のタイプ

NCAN遺伝子のタイプは情報伝達にかかわる脳神経細胞の動かしやすさによって、3つのタイプに分類されます。

  • AA型:伝聞した情報が脳に伝わりにくく覚えにくさを自覚する傾向。言語記憶力が低いタイプ。
  • AG型:語呂合わせなど特定の言語情報に対する記憶は大丈夫だが、覚えにくいものが存在する。言語記憶力がやや低めのタイプ。
  • GG型:伝聞した情報が耳に残って離れないほどの記憶力を持つ。言語記憶力が最も高い傾向にあるタイプ。

注意したいのはこの遺伝子のタイプだけで人間の記憶力が決まるわけではありません。人間の持つ記憶力というのは、訓練で向上することが可能です。

言語以外にも多様な記憶力があるなど、人間の持つ能力のポテンシャルには実に様々なものがあります。自分自身の遺伝子がそれらのどのタイプに属するかを把握し、ポテンシャルを引き出すような訓練を行うことを目標にするのも面白そうですね!

人間の能力遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800