お酒を飲みつづけると強くなるはウソ?ホント?

お酒を飲みつづけると強くなるはウソ?ホント? イメージ画像

自分自身はお酒があまり好きではないし、あまり飲みたくないと思っているとき。上司や友人から、「お酒を飲めば(飲みつづければ)強くなる」と言われたことってありませんか?

正直、その理屈が全く分からなかったので、今回はそれが本当かどうか白黒つけるために調べてみました。

人間がお酒を分解する仕組みをおさらい

まずは、お酒を分解する仕組みについておさらいしますね。お酒の主成分は言わずと知れたアルコール。そのアルコールを体内で分解するためには、以下の2つのステップがあるんです。

・アルコールをアセトアルデヒドに分解
まず、アルコールがアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドは有毒物質です。アルコールがアセトアルデヒドに分解されることで、酔いがさめ不快感に変わっていきます。

・アセトアルデヒドを酢酸に分解
次にアセトアルデヒドは酢酸に分解されます。酢酸は無害な物質で、血液を流れるうちに水と炭酸ガスに変化します。

お酒を飲みつづけると強くなるという説

お酒が体内で分解される仕組み

先ほどのお酒の分解についてまとめると、このような図になります。しかし、この図を見ても全くお酒に強くなるようには思えません。

ところが、アルコールを分解する酵素はこれだけではありません!次の図を見てください。

お酒を飲み続けたときの、アルコール分解の仕組み

先ほどまでの図とは違い、アルコールを分解するためにMEOS(ミクロソームエタノール酸化系)という物質が加わったのが分かりますね。お酒を飲みつづけることで、MEOSがアルコールの分解を手助けしてくれるんです。

しかし、ここまで読んで何か引っかかることはありませんでしたか?

飲みすぎは体に悪いというだけ

私も最初にMEOSについて知ったときは、体内にすごい仕組みがそなわっているものだと感心しました。しかし、そこには罠があったのです。

物は言いよう

まず結論から言うと、お酒に強くなることはありえません。その理由は、MEOSという物質はお酒を飲みすぎたとき、肝臓でアルコールが分解できなくなったときに働き始めるからです。

これでは、肝臓がアルコールを分解できなくなるほど負担がかかっているというだけ。自分自身がもつ、お酒への体質に変化が起きたというわけではないのです!

本当にお酒に強いかどうかは、自身がもっているアルコール感受性に左右されているのです。

お酒の強さは先天的な体質によるもの

アルコール感受性というのは、最初におさらいしたアルコール分解がしやすいかどうかで決まるもの。分解速度が早いのであればお酒が残りにくいので、ここで初めて「お酒が強い」と言える状態なのですね。

その分解速度については、アルコール分解にかかわる酵素の遺伝子型によって個人差があります。つまり、お酒への強さは先天的な体質であって、自分の努力で変えられるものではありません。

よって、お酒を飲みつづけると強くなるというのは、真っ赤なウソなのです!

自分自身のアルコール感受性を調べられる遺伝子検査キット

お酒の強さは、あなた自身のアルコール感受性タイプに左右されています。あなたがどのタイプに属するかを簡単に判断するには、遺伝子検査キットでの検査がおすすめです。

GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

お酒に対する強さ・健康への影響を知ることができます。9段階のアルコール体質カードでお酒の強さがわかる!

¥5,700

DNAファクター 生活習慣病リスク遺伝子検査+ダイエット遺伝子

DNAファクター 生活習慣病リスク遺伝子検査+ダイエット遺伝子

生活習慣病に関わる遺伝子を解析して病気のなりやすさをチェック。ライフスタイルの改善に活用できます。

¥107,870

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

病気のかかりやすさ、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さ、寿命の長さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。

¥29,800
→限定価格:¥19,800

お酒の強さに関するタイプ分類

お酒の強さに関するタイプやそれぞれのタイプでのお酒との付き合い方について説明してみました!

日本人はもともとお酒に強い!?酒豪タイプは痛風に要注意
実は行かなくてOK!?お酒を飲めない下戸タイプの飲み会対処法
お酒で顔が赤くなる人はがんに注意!赤くならない方法は?