君だけのやる気スイッチ!?モチベーション維持と遺伝子の関係

君だけのやる気スイッチ!?モチベーション維持と遺伝子の関係 イメージ画像

今日はモチベーション上がらないなぁ、なんて思う日もありますよね。休日の日ならまだしも、仕事中にモチベーションが下がってしまうと、なかなかはかどりませんよね?

そんな時は、やる気を起こすよう気分転換をしたり工夫をするところですが、実は人間にはやる気を起こさせるための遺伝子が存在するのです!

やる気を起こさせる遺伝子DAT1

人間のやる気を起こさせるための遺伝子、それはDAT1と名前がついています。この遺伝子型によって、モチベーション維持の方法に変化が生じるそう!この遺伝子について知れば、モチベーションを上げるためのヒントが手に入ります。

DAT1遺伝子とは
人間のやる気を起こさせるドーパミンという脳内遺伝子の伝達を補助する遺伝子のこと。この遺伝子が体内で何回繰り返されているのかによって、やる気の起こり方(モチベーション維持)が変わります。

遺伝子型は人それぞれなので、まさに君だけのやる気スイッチが人間には備わっているということになります。

DAT1遺伝子は2種類のタイプに分類される!

このDAT1遺伝子は2種類のタイプがあり、どのようにモチベーション維持をするかが分かります。これまでの研究では、DAT1遺伝子が9回繰り返す(Repeat)9R型と、10回繰り返す10R型があることが判明しました。

  • 9R型:目標到達のために自身でやる気が出る行動の計画を立てられる、自己啓発タイプ。
  • 10R型:目標到達のためには見返りやご褒美を要求する、愛情要求タイプ。

ちなみに、私が能力遺伝子検査キットを利用してわかったDAT1の検査結果は10R型。同じ熱量で何かに取り組むとしても、自分に何か能力が身につく方がよりやる気が出せちゃう。なんて、人それぞれあるとは思いますが、私はそんなやる気スイッチを持っています。

やる気につながるDAT1能力遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800