知識の引き出しを強化するパズルのススメ

知識の引き出しを強化するパズルのススメ イメージ画像

人間の能力の1つに認知能力というものがあります。認知能力とはすなわち、物事を見聞きしてその正体や主旨について推察するための能力を意味します。例えば机の上に置かれたリンゴを見て、それ自体がリンゴであると認識できることがそうです。

知識の引き出しという言葉は、認知能力と知識との関係を表すいい例えです。認知能力が高い人は知識の引き出しも多く、その引き出しの多さにもかかわらず上手く引き出すことができますよね。

認知能力と知識との関係

認知能力を鍛えるためには、日ごろの経験による情報の蓄積が大事です。先ほどのリンゴの例もそうですが、リンゴに関して「赤い・果物」のような過去に得た情報が知識として頭の中にあるために認知できたわけです。

認知能力(認知力)とは
人間など動物の持つ、情報収集や情報処理活動のこと。情報を知識として蓄え、ある物事を見聞きした時にそれぞれに合った適切な知識を選択肢的に引き出せる能力のことをいいます。

人間が認知するためには、条件が2つあります。まずそれが何であるかを知っていること、もう1つはそれを知っている場合になんであるか思い出すことです。この条件のどちらが欠けても認知できません。

少々話が小難しくなってきましたが、認知能力とは「情報収集を行い知識を蓄えること」と「知識から適切な情報を引き出すこと」の2つ力を上手く働かせるための能力のことなのです。

知識の引き出しを強化するパズルのススメ

他人との会話など、知識の引き出しを活用する場面は多くありますよね。知識の引き出しを上手く活用できなければ、会話も詰まってしまうもの。

知識の引き出しを上手く活用するためには、認知能力を鍛えることが重要。そのトレーニング方法の1つが「パズル」というわけ。パズルには認知能力を満たす2つの力を鍛える力があります。

ジグソーパズル

例えば、ジグソーパズルもパズルのうちの1つ。ジグソーパズルでは、色や形の異なるピースを手にしたプレイヤーが、適切な空間に上手くはめ込むことができるかを試すもの。

持っている情報をいかに上手く利用するかを試すジグソーパズルは、先に示した認知能力における2つの能力を鍛えているも当然なのです。

クロスワードパズル

もちろん、クロスワードパズルだってパズルの一種です。クロスワードパズルでは、与えられたヒントからパズル上の特定のマスに当てはまるキーワードを導き出す。

これもジグソーパズルと同様の理屈ですね。今ある情報から、正しい知識を導き出すために必要な能力を鍛えることができます。


その他のパズルゲームについても、手がかり(ヒント)から正しい答えを導き出すという点で共通しています。それがナンプレであろうと知恵の輪であろうと、パズルを解くという行為そのものが認知能力を無意識的に鍛えているのです。

解くだけで認知能力を鍛えられるパズル。もし、解けなくてもその解法を考えることで洞察力や論理的思考力が鍛えられる利点があるので、皆さん趣味としてパズルを取り入れてみるのはどうでしょうか?

認知能力に関連する遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800