あなたは幸せ?ストレスの感じやすさを決める幸福遺伝子!

あなたは幸せ?ストレスの感じやすさを決める幸福遺伝子! イメージ画像

日常生活と切っても切り離せないのがストレス。ストレスが無いのはいいことですが、ストレスはためすぎてはいけないもの。とはいっても、ストレスの感じ方は人それぞれ。ストレスを感じるなと言われて感じないようにできるのなら、人類はみなハッピーです。

ここで疑問が浮かびますね。いったい、人間のストレスの感じ方はどのように決まるのでしょう?

ストレスの感じ方を決める幸福遺伝子!

人間のストレスの感じ方を決めるもの。それは人間が持つ幸福遺伝子に関係があります。幸福遺伝子というと、少々ストレスとはかけ離れたイメージがあるかもしれません。しかし、この遺伝子は人間の幸福感と直接関係がある遺伝子で、「ストレスの感じにくさ」を教えてくれます。

幸福遺伝子(5-HTT)とは
人間が幸福を感じる原因となるセロトニンという脳内物質をスムーズに運ばせるための遺伝子。セロトニンが運びやすいほど、幸福感を感じやすくなる傾向にあります。

イメージしてみてください。人間が幸福を感じているときにはきっと、不安に思ったり考え込んだりすることはありませんよね。ストレスが幸福感と関係しているということも理解できたと思います。

そして、この幸福遺伝子においてのストレスの感じやすさには3タイプあるのです。

幸福遺伝子には3タイプある!

幸福遺伝子は、長いものと短いものの2本の組み合わせによって3タイプに分かれます。長いものが多いほど、セロトニンを上手く伝達することができるので幸福感が大きい(ストレスを感じにくい)傾向にあるそうですよ!

  • LL型:長いx長いの組み合わせ。セロトニンを最も伝えやすく、ストレスを感じにくい。
  • SL型:短いx長い(長いx短い)の組み合わせ。セロトニンの伝達は通常通りで、ストレスの感じやすさも人並み。
  • SS型:短いx短いの組み合わせ。セロトニンが伝わりにくく、ストレスを感じやすいタイプです。

ちなみに私はSS型、ストレスを感じやすいタイプなのだそう。私と同じタイプの方はセロトニンが伝達されにくいので、量で攻めるべき!太陽の光を浴びるなど、セロトニンがより多く出るように調節を試みるのがベストです。幸福をより感じるように努力することも大事ですよ!

幸福遺伝子(5-HTT)の能力遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800