プールダイエットのお供に!泳ぎ方で違う消費カロリー

水泳画像

以前の記事で、簡単にできるプールダイエットとして、水中ウォーキングをご紹介しました。しかし効率という点で考えると、もっと消費カロリーが高い、短期間で痩せられるほうがいいですよね。

今回はもっと本格的に水泳ダイエットに取り組みたい!というガッツのあるあなたのために、泳ぎ方別の消費カロリーとおすすめの水泳ダイエットをご紹介します。

基本的な水泳方法

日本では、中学校までの義務教育で水泳があります。まじめに授業を受けていた、あるいはスイミングスクールに通っていたという方は、一通りの泳ぎ方はできると思います。

筆者は小学校のころ水泳が大嫌いでした。泳ぐ前に浴びるシャワーがやけに冷たくて、プールも入ると寒いのです。何かと理由をつけて見学をしていた覚えがあります。あまり水泳の授業に参加することもなかったので、1メートルも泳げませんでした。(当たり前)
小学校も高学年になったころ、あまりに泳げないことを見かねた母親によって、夏休み期間中にスイミングスクールに通わされてしまいました。しかしそのおかげで徐々に泳げるようになり、中学校を卒業するときはクロールで100メートル泳げるようになっていました。人間って成長するものですね。

こんな私でもクロールと平泳ぎはできます。背泳ぎとバタフライはついに習得できませんでしたが、水泳の授業でできるようになった方もいるでしょう。
本記事でご紹介する泳ぎ方は、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの4つです。

消費カロリーでみるおすすめ水泳

泳ぎ方によって消費カロリーを比較するには、条件を同じにしなくてはいけません。
20~30代男女の25メートルの平均タイムは、どの泳ぎ方でもおおよそ30秒前後です。平泳ぎとバタフライはクロールに比べると数秒遅いタイムですが、消費カロリーとしてはほとんど影響ないと思います。
25メートルを30秒で泳いだ時の消費カロリーを見てみましょう。(体重は50kgで算出)

クロール
3.8Kcal

平泳ぎ
4.4Kcal

背泳ぎ
3.1Kcal

バタフライ
4.8Kcal

意外にも平泳ぎの消費カロリーが高めでした。ダイエットとしてはバタフライが一番効率よさそうですが、体力も消耗するのですぐに疲れると思います。

おすすめは平泳ぎです。運動をしても脂肪が燃え始めるには時間がかかるため、なるべく長時間やる必要があります。距離はあまり関係ありません。
平泳ぎでゆっくりと、時間をかけましょう。脂肪は20分以上の運動で燃え始めるといわれています。途中で休憩しつつ、トータルで20分以上泳ぎましょう。

ウォーキング
2.4Kcal

同様の計算だと、水中ウォーキングはあんまり消費カロリーが高くありません。しかし他の水泳方法と違って、圧倒的に楽なのが利点です。長時間やるにも適しています。
他の水泳方法で疲れたら、ウォーキングに切り替えるのもアリですね。

参考:
水泳シミュレーター http://42.195km.net/swim/
男性・女性の平均タイム http://xn--x8j6jkcpy3242fwqjxobea.com/s04_kin/s03_kin.html

ダイエット関連の遺伝子検査キット

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

病気のかかりやすさ、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さ、寿命の長さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。

¥29,800
→限定価格:¥19,800

GeneLife DIET 肥満遺伝子検査キット

GeneLife DIET 肥満遺伝子検査キット

遺伝子から自分の太りやすい要因がわかり、体質に合ったダイエット方法や、生活改善に役立てることができます。

¥3,980

DNA EXERCISE エクササイズ遺伝子検査キット

DNA EXERCISE エクササイズ遺伝子検査キット

スポーツ遺伝子として知られる3種類の遺伝子を検査し、自身に適した効果的な運動のアドバイスが受けられます。

¥7,000