習い事を始めさせる前に能力遺伝子検査をしてみよう

子どもに習い事を始めさせる前に

子どもの将来を考えると、小さなころから習い事を始めさせたいもの。せっかく習い事をさせるのであれば子どもの長所を伸ばしてあげたいですし、子どもが楽しんで行うようでなければ長続きしません。

しかし、いざ習い事をさせるとなると大きな出費となってしまうので、どの習い事から始めさせるのかは悩みどころです。

習い事にかかる費用を比較

まずは、子どもに習い事をさせるとき、どれだけの月謝がかかるか見てみましょう。

習い事 年間費用 備考
サッカー ¥48,000 クラブチームに所属する場合、さらにかかる
野球 ¥48,000 試合の遠征費用は別
ピアノ ¥84,000 音楽教室や年齢により異なります
水泳(スイミング) ¥96,000 レッスンのコースや送迎バス代が別途かかる
英語塾 ¥96,000 英語塾によっては、年会費がかかることも
バイオリン ¥120,000 バイオリンの用意が必要(1本4~7万円)

月謝だけで考えると、これくらいで済むと考えてしまうかもしれません。しかし、実際には習い事を始める前の準備でも費用がかかります。さらに、習い事を2年、3年と続けると、その分費用が追加でかかることに!

子どもの長所を伸ばすため、いろいろと体験させるのも1つの手ではあります。しかし、費用はなるべく最低限に抑えたいもの。

習い事にかかる費用を抑えるには、子どもの長所を知ったうえで適切な習い事をさせればいいのです。子どもの長所を先に知るための、能力遺伝子検査を利用してみましょう。

能力遺伝子検査のメリット

能力遺伝子検査とは、子どもの長所や潜在能力を遺伝子から解き明かすことのできる検査のことです。遺伝子レベルでの検査となるので、日常でのコミュニケーションからは分からない潜在能力を見出すことができます。

習い事のことを考えた時の大きなメリットは以下の2つです。

・金銭面でのメリット
子どもが嫌いな習い事を始めて途中でやめてしまい、そこまでにかけた費用が無駄になってしまう可能性があります。子どもの得意な習い事をさせることで、そのように無駄になる費用を抑えることができます。

・成長面でのメリット
子どもの潜在能力に合わせた習い事は、子ども自身が進んで取り組むことにつながるので、子どものより良い成長を望むことができます。

このように習い事にかけた費用が無駄になってしまう可能性や子どもが本当に得意なことに取り組む環境づくりのことを考えると、能力遺伝子検査を前もって行うことに大きなメリットがあるといえます。

能力遺伝子検査を行ってみよう

能力遺伝子検査では、子どもの学習・感性・身体の3分野それぞれの長所を知ることができます。

・学習分野における子どもの長所
学習分野では、勉強方法についての長所を知ることができます。暗記が得意であるかや文系科目と理系科目のどちらが得意なのかといったことが分かります。

・感性分野における子どもの長所
感性分野では、性格や感じ方についての長所を知ることができます。繊細なのか大雑把なのかといった面やストレス耐性について分かります。

・身体分野における子どもの長所
身体分野では、運動についての長所を知ることができます。持久力や瞬発力、エネルギー産生力についての長所が分かります。

家庭も子どもも得をする能力遺伝子検査

能力遺伝子検査の結果をもとに子どもの長所に合わせた習い事を始めさせれば、子どもが自身の得意なことを楽しむことができストレスもありません。嫌いなことを始めたために途中でやめてしまい、そこまでにかけた費用が無駄になることも少なくなるので、家庭にもお得ですね。

子どもが好きなことに取り組み成長する姿を見守る。そのために、まずは子どもの長所を知るための能力遺伝子検査を利用してみませんか。


DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」
DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。
¥69,800(税込)