自分は遺伝子的にハゲてしまう?薄毛・AGA遺伝子検査キットを受けてみた

AGAドック

以前、別の遺伝子検査キットで円形脱毛症のリスクが通常の人よりも2倍以上も高かった、Sです。円形脱毛症のリスクが高い事を知り、今後はもっと優しくシャンプーをすることに気をつけ始めました。

以前はがんなども検査してくれるトータルパックで検査をした事もあり、いろんな体質をチェックする事ができました。その中の1つが円形脱毛症の発症リスクです。そこで疑問が生まれました。

もし仮に、AGA・薄毛に特化した遺伝子検査キットで同じような結果が出れば、ほぼほぼ僕の遺伝子は円形脱毛症に寄ってるんじゃないかと。また先祖が薄毛だった事もあり、同じ遺伝子を継いでいるのではないかと思い今回は『AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)』で検査してみました。

まずはキットで遺伝子採取をしてから発送

さっそくAGAドッグ(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)を購入してみました。

注文してから3日ほどで到着しました。商品自体は写真で見たとおりのものです。中には納品書と商品が入っていました。

キットの中身を明けてみると、『検査キット』『検査申込書』『遺伝子検査・採取方法説明書』『返送用の封筒』が入っており、非常に中身自体はシンプルだなと感じました。

AGAドッグ(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)は検体の採取方法が『口腔内粘膜の採取』みたいです。さっそく採取していきたいのですが、ここで注意点があります。

唾液採取の際の注意点
・採取する前はできるだけ水以外のものを口にしたりしない
・左右の頬の内側を20回くらい擦る
・採取後はすぐにキットに戻さず10分ほど乾かす

以上の点に注意しましょう!検体の採取後に乾かすのには、濡れている状態だと口内の菌が繁殖して、正常に遺伝子検査が行えない場合があるようです。なので、この遺伝子検査キットだけでは無く、口腔内の粘膜を採取する場合は乾かした後にキットを元の容器に戻すようにしてください。

※注意点:容器が入っていた袋に検査IDの書かれたシールが付属しているので、そちらのシールを容器に貼りましょう!

返送する際には、『検査申込書』を記入して同封する事を忘れないようにしてください。検査申込書にはアンケート用紙みたいな項目もあります。検査を受ける段階で、自分が薄毛が気になる方はいまの情報を入力すると検査結果にも影響がでるのでしょうか。。。

『検査申込書』を記入した後は、先程採取した容器と併せて返信用の封筒に入れて、ポストに投函します。あとは結果を待つだけです!