遺伝子博士ダイエット体験 痩せ人間が受けると恐怖の結果に…!

遺伝子博士 遺伝子検査ダイエット

遺伝子博士ダイエットを体験

そもそも肥満遺伝子検査って…

肥満タイプを調べる遺伝子検査は、「自分の遺伝的肥満体質を知り、効果的なダイエットをする」のが一般的です。検査結果で、肥満のタイプと自分に合った食品やダイエット方法などがわかり、より効果的・効率的なダイエットができる、というのが遺伝子検査の魅力です。

ところが、私は身長161cmの47.5kgで、自分でもわかるくらい痩せすぎ体型です。太れと言われることはあっても、痩せろとはまず言われません。
本当はもう少し筋肉をつけて体重を増やしたいのですが、かれこれ10年以上はこのバランスをキープしてしまっています。

なぜ自分にダイエットの案件がまわってきてしまったのだろう…と考え始めると不毛なので、ここはひとつ「痩せた人に対してどういった検査結果がくるのか?」という、半ば実験のような体験談にしてしまおうと思います。

遺伝子博士って?

遺伝子博士ダイエット 動物肥満タイプ

遺伝子博士といえば、動物で肥満タイプを表現してある商品です。
検査後はライフスタイル改善アドバイスがもらえるようなので、自分の体に合った鍛え方がわかるのではないかという期待も込めて……

キットの中身

遺伝子博士ダイエット同梱物

検査キットの箱(写真上部)の他に、遺伝子博士ダイエットについての紹介や、「お客様の声」が書かれた紙が同封されています。

エイジングケアシャンプーSCALP CELEB(スカルプセレブ)の試供品も入っていました。遺伝子博士ではスカルプケアの遺伝子検査キットも販売しているので、その宣伝ですね。

遺伝子博士ダイエット外箱

コンパクトな箱に採取棒が入っています。遺伝子検査の流れや同封書類についての説明書なども入っています。
箱には検査結果を見るために必要な検査IDとパスワードが記載されているので、結果がわかるまで無くさないようにしなければいけません。

採取の方法などについては、商品の詳細ページをご覧ください。

参考:遺伝子博士 遺伝子検査キットダイエットの商品詳細

検査結果は大当たり!?

解析完了メール

返送後の試料受領メールから解析に11日(注文からは21日)かかりました。解析には3~4週間かかるとのことでしたが、だいぶ早く終わりましたね。

検査結果はアプリで見れるらしいので、ストアからダウンロードします。

遺伝子博士アプリで結果確認

遺伝子博士ダイエット アプリの画面

遺伝子博士ダイエットのアプリはこんな感じです。キットの箱に書いてあった検査IDとパスワードでログインし、検査結果を見てみましょう!

やはり痩せは体質だった!?

左寄せ画像の例

私の体質タイプは「筋肉不足のナマケモノ」でした!筋肉をつけるとチーターになれるそうです。アスリート体型ですね。たぶん。

糖質や脂質で太るリスクは低く、太りづらい体質とのこと。
昔、よく夜中にカップ麺を食べていて、家族から「そんなに食べてなんで太らないの?」と聞かれたことがあります。どう答えたかは覚えていませんが、体質が答えだったというわけですね!

脂肪がつきづらい反面、筋肉もつきづらいという弱点があるそうです。加齢とともに基礎代謝が低下してくるので、筋肉量を増やすと良いとのこと。食生活としては、タンパク質を減らさないように注意だそうです。

衝撃の詳細レポート

遺伝子博士の詳細レポート

詳細レポートでは、それぞれの遺伝子や体質に合わせた生活改善アドバイスが載っています。

・β3AR(糖代謝リスク)
糖代謝リスクは標準。炭水化物や甘いもので太りやすい体質ではない。炭水化物や糖質を減らすダイエット・肥満予防は効果が薄い。

・β2AR(たんぱく質リスク)
たんぱく質リスクがやや高い。十分にタンパク質を摂取しなければ、筋肉不足による肥満になりやすい。
子どものころや若いころはほっそりとしている方が多く、いくら食べても太らないタイプ。しかし筋肉がつきにくく基礎代謝が上がりにくいので、加齢による基礎代謝の低下で急激に太る危険性がある。また、一度太ると痩せにくく、ダイエットが難しい体質。

・UCP1(脂質代謝リスク)
脂質代謝リスクは標準。揚げ物やクリームなどで太りやすい体質ではない。低脂質ダイエットは効果が薄い。

びっくりするほど当たっています!思わず赤文字にしてしまったのですが、「太りづらいが一度太るとダイエットが難しい体質」だそうです。これは恐ろしい!

30代になってから体力の低下を感じるので、筋トレをさぼると現実になりそうです。「昔はすごく痩せていたのに…」なんて言われたくありません!

タンパク質を摂取すべし!

食生活、ライフスタイルのアドバイスによると、食べる量を減らすことが逆効果になる危険性が高いそう。というのもタンパク質リスクが高いので、筋肉不足・基礎代謝低下で脂肪燃焼力が落ちるからです。
これをクリアするためには、肉や魚、卵や大豆といった食材を意識的に食べるようにすること。糖代謝リスクや脂質代謝リスクは高くないので、よく食べて筋肉をつける食生活をするといいそうです。

そういえば、あまり意識してタンパク質を摂取していない気がします。わざわざ肉を食べたいと思うことが無いのです。
好物がパスタなので、毎日食べていた時期もありました。パスタはヘルシーなので体には良いのですが、体質的にはタンパク質が足りません。食の意識改善が必要ですね!

まさかの間食推奨

間食はおすすめ!のアドバイス

ダイエットのアドバイスとして「間食はおすすめ!」と書かれているとは思いませんでした。自分の体質タイプは、食事でタンパク質を十分摂るのが難しいので、間食を利用して補うのが良いそうです。

空腹を我慢できる傾向がある、というのは当たっています。多少空腹になっても、もうすぐ夕飯だから我慢しておこう、と自然になるのです。
というより、もともと食が細いのであまり量が食べられないのです。加えて、お腹いっぱいになって動けなくなるのも嫌なので、満腹になるのも避けます。もともとの体質に加えてこういう性格なので、なおさら痩せ体型になっていたのでしょう。

お菓子を食べることは珍しくないのですが、今後は意識して食べるようにした方がいいみたいですね。無性にナッツが食べたくなることがあるのですが、体がタンパク質を求めているのかもしれません。

自分に合ったトレーニング方法は?

ハードな有酸素運動は避けるべき

脂肪がつきにくいタイプの人は、ハードな有酸素運動が逆効果になる可能性があるそうです。長時間の有酸素運動よりも、重めのウエイトを使ってしっかりと筋肉に刺激を与えるのが効果的だそう。

疲れやすい体質でもあるらしく、ビタミンやクエン酸を摂ったり、質の高い睡眠を心がけるべきとのこと。エアコンの無い部屋なので、夏は寝苦しいんですよね…睡眠不足にならないよう、気を付けます。

基礎代謝計算機で理想の体重を知る

基礎代謝の計算機

アプリには基礎代謝の計算機もついています。年齢・身長・体重・性別を入れると、遺伝子検査結果の代謝をくわえた基礎代謝量が算出されます。

私は1437kcalでした。30代男性の平均基礎代謝は1500kcalなので、だいぶ低いです。
体重を変えて基礎代謝を出してみたところ、53kgでようやく1500kcalを超えました。筋肉をつけて5~6キロ増やさないといけないといけません…

検査を受けて変えた生活

さらば有酸素運動

一日中パソコンと向かい合っている仕事なので、運動不足は気になっていました。食が細い方なので太ることもないのですが、筋力や体力の低下は感じます。
体力の低下を補うため、仕事が終わってから軽くランニングをするようにしていました。(といっても空腹な状態で走るので、大した距離は走りません)

しかし検査結果には有酸素運動(走るなどの長時間汗をかくような運動)は避けた方がいいとあります。というのも、有酸素運動は脂肪を消費するとともに筋肉も消費するからです。(ランナーに筋肉質な人が少ないのはそのため)
筋肉がつきづらいうえに筋肉を消費してしまっては、体力をつけるどころかやせ細っていきそうです…痩せるだけならまだいいのですが、今度は脂肪が燃焼できずにどんどん太る悪循環が発生してしまいます。昔は痩せていたのに、と本当に言われるようになるかもしれません!

そこでアドバイスにあったウエイトトレーニングを導入するため、ダンベルセットを買いました。
筋肉をつけるにはダンベルを10回持ち上げられるぎりぎりの重さが良いそうです。今は7kgにしていますが、8kgでもいいかなと思っています。かなり重いので腕はきついのですが、走るよりは断然ラク!毎日走る代わりに、寝る前にダンベルを持ち上げる日々が続いています。
まだ始めたばかりなのでわかりませんが、続けていれば確かに筋肉がついてきそうです。

痩せ人間がダイエット遺伝子検査を受けた感想

体験談に挙げた検査結果はごく一部です。レポートには体質についての細かい項目や解説・アドバイスが載っています。

痩せた人間がダイエット遺伝子検査を受けて意味があるのか?と思っていました。しかし検査結果で自分に当てはまることが多く、体質に納得でき、今後太らないようにするためにどうしたらいいか、とても具体的にわかりました。生活改善のアドバイスも具体的なので、何をすべきか迷うこともありません。

「遺伝子博士 遺伝子検査キットダイエット」は、ダイエットに役立つといううたい文句がついていますが、体型維持のために体質を知るのもアリだなと実感しました。

ボディビルダーのようなムキムキマッチョにはなれないかもしれませんが、アスリート系の細マッチョならなってみたいものです。そう、チーターのように!

ちなみに…ダンベルは10kgまで持ち上げられるようになりました。着実に筋肉がついてきています!
まだ理想の体重には達していませんが、これならそのうち実現できそうです!

体験した商品

遺伝子博士 ダイエット遺伝子検査キット

遺伝子博士 ダイエット遺伝子検査キット

肥満タイプを動物イラストで表現しています。検査結果アプリは食生活とライフスタイルの改善に役立ちます。 肥満

価格¥8,424(税込)

遺伝子検査について