ジェネシス、全ゲノムシーケンスサービス開始!低価格で研究を後押し

ジェネシスヘルスケアのロゴと遺伝子検査キット

遺伝子検査キット「GeneLife(ジーンライフ)」シリーズのジェネシスヘルスケア株式会社、2018年11月からヒトの全ゲノム配列情報を決定する「全ゲノムシーケンス」サービスを開始!

国内初、世界の低価格レベルを実現

世界的には、ヒトの全ゲノムシーケンスにおいて1検体(1人)あたり1,000米ドル(約11万3,000円)が低価格の水準とされています。

ジェネシスヘルスケアでは、その価格を日本国内で初めて下回る99,800円(税抜)で提供します。

国内で低価格の検査ができるメリット

従来、海外の低価格サービスでは検体や遺伝情報の流出が懸念されていました。研究費を安くする観点から、海外を利用するケースも増えていました。

国内で低価格の全ゲノムシーケンスができるようになったことで、日本国内でゲノムデータを充実させることが可能となり、研究機関、医療機関、製薬会社などの研究を後押しします。

新シーケンスセンター設置、次世代シーケンサー導入

サービス開始に合わせ、ジェネシスヘルスケアでは東京・恵比寿の自社研究所に新シーケンスセンターを設置。処理が速く、複数の検体を同時処理できるハイスループットの次世代シーケンサー(NGS)を導入しました。

また、検査工程の一部オートメーション(自動化)による最適化を図り、受託解析コストを圧縮しました。

全ゲノム配列情報を決定する全ゲノムシーケンスとともに、タンパク質をコードする領域を解析する全エクソンシーケンスも低コストで実施可能になりました。

新サービスに関する詳細・お問い合わせは、ジェネシスヘルスケア公式サイトをご覧ください。

ジェネシスヘルスケアの遺伝子検査キット

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

かかりやすい病気、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。 総合

価格¥29,800

※希少難治性疾患について調べる全ゲノムシーケンスではありません。