遺伝子検査で何が分かる?

遺伝子検査で何が分かる?トップイメージ

ヒトのDNA配列(塩基対)は全部で30億あり、個人差が現れやすい配列は数百万個あります。DNA配列の違いによって顔や体型、体質などの個人差が生まれます。遺伝子検査では、DNA配列の違いを調べて個人差を見つけます。

がんになるリスクの高さや、生活習慣病などの疾患リスク、薄毛・AGAのなりやすさ、身体能力・学習能力などなど…ヒトの体にかかわるあらゆる事柄が遺伝子検査でわかります。

遺伝子検査キットで調べられる項目

遺伝子検査は、どの遺伝子を検査するかあらかじめ限定されていることがほとんどです。検査する遺伝子が増えるほどコストが大きくなるので、検査費用も高くなりがちです。病気のなりやすさや肥満・肌のタイプなど、自分が気になる項目だけ検査するのが一般的です。

がん遺伝子検査

遺伝子の型によって、がんのなりやすさ(リスク)がわかります。検査キットによって異なりますが、胃がん検査、大腸がん検査、前立腺がん検査、子宮頸がん検査など、さまざまながんリスクを知る事ができます。

リスクが高いと判定されても、必ず発症するわけではありません。自身のがんリスクを知ることで、生活習慣を改善し未然に防ぐことができます。

※がんになっているかどうかを調べる検査ではありません。

疾患遺伝子検査

遺伝子の型によって数百種類もの病気(疾患)のかかりやすさ(リスク)がわかります。あらゆる臓器がもつ疾患リスクや生活習慣病のかかりやすさなど、自覚症状があまり現れない病気についても遺伝的リスクを知ることができます。

リスクが高いと判定されても、必ず発症するわけではありません。自身の疾患リスクを知ることで、生活習慣を改善し未然に防ぐことができます。

※特定の病気になっているかどうかを調べる検査ではありません。

薄毛・AGA遺伝子検査

薄毛・AGA(男性型脱毛症)のなりやすさ・脱毛リスクを調べることができます。
男性型脱毛症は思春期を過ぎた男性に多い症状ですが、女性でも発症する可能性があります。遺伝子検査では、男女関係無く薄毛・AGAのなりやすさを調べることができます。将来的な薄毛が気になる方におすすめです。

検査キットによっては、頭皮・体質に合わせたヘアケア用品やシャンプーなどを提供しているものもあります。遺伝的体質に合ったヘアケアを行うことで、抜け毛の改善を試みることができます。

肥満遺伝子検査

太りやすさに関する遺伝子を検査することで、肥満の要因を知ることができます。あなたの体がどういった要因で太りやすいのかを知ることで、より効果的なダイエットを試みることができます。

流行のダイエット方法でも、個人個人の体質に合っていなければ効果はありません。体質によっては、逆効果になってしまうこともあります。
自分に合うダイエット方法が知りたい、体型維持をしたいという方におすすめです。

肌質遺伝子検査

遺伝子検査であなたのお肌がもつ特徴や弱点が分かります。肌質や肌老化の要因を遺伝子レベルで知ることで、適格なスキンケアを試みることができます。

他人がすすめるスキンケア方法が、あなたに合っているとは限りません。肌のタイプによっては逆効果になる可能性もあります。
自分にぴったりのスキンケア方法を知りたいという方におすすめです。

能力遺伝子検査

能力遺伝子検査では、自分の得意分野、苦手分野から内に秘めた潜在能力(ポテンシャル)まで調べる事ができます。人によって得意、不得意な事がありますが、自分がどのような人間なのか自己分析をする事も可能です。

大人・子ども関係なく検査できます。子どもがどんな才能を持っているのか、習い事や教育方針などの参考にもできます。
才能がある・無いといった判定ではなく、それぞれの検査項目に対してどういうタイプなのかを知ることができます。苦手を補う・得意を伸ばすといった指針の参考にしましょう。

祖先遺伝子検査

ミトコンドリアDNAを調べることで、あなたの祖先(先祖)がどうやって日本へきたのかが分かります。
アフリカから始まった人類がどのように進み、分岐していったのか、共通の特徴・人種によってハプログループに分類されます。日本人は10種類前後のグループに分けることができます。

アルコール感受性遺伝子検査

成人するとお酒を飲む機会が増えます。「お酒が弱くて酔いやすい」「すぐ顔が赤くなる」など気にした事がありませんか?
アルコール感受性遺伝子検査では、あなたのお酒に対する体質を調べる事が可能です。自分のお酒に対する体質を調べる事で、今後のお酒との付き合い方を見直すことができます。

血液型遺伝子検査

遺伝子を検査することで血液型を調べることができます。血液の検査ではなく遺伝子の検査なので、AA型、AO型といった遺伝子型がわかります。
遺伝子検査キットでは採血の必要が無く、口内の粘膜を採取するだけで検査する事ができます。痛みはまったくないので、小さなお子様でも安心です。

ペット遺伝子検査

遺伝子検査は人間だけのものではありません。飼っている犬や猫がどのような病気にかかりやすいかなどを検査することができます。

遺伝子検査について