肌タイプに合った最適なスキンケア方法がわかる肌質遺伝子検査

ページトップアイコン肌質

肌質遺伝子検査で何がわかる?どうやってスキンケアに活かすの?検査キットを体験した感想や商品の比較など、肌質遺伝子検査に関する情報をまとめています。

肌質遺伝子検査

肌質遺伝子検査でわかること

肌質遺伝子検査とは

肌質にかかわる遺伝子を検査し、肌タイプが分かる遺伝子検査です。あなたのお肌がもつさまざまなリスクや肌老化の要因、必要な栄養成分を知ることで、遺伝的な肌質に合った適切なスキンケアを試みることができます。

世の中にはたくさんのスキンケア用品があります。どれが本当に自分の肌に合っているのか、使い心地で判断していると思います。買ってみて肌に合わず後悔した…ということもあるのではないでしょうか。

しかし遺伝的な肌質が分かれば、本当に肌が必要としているもの、不要なものに分けることができます。例えば、乾燥肌リスクの高い人に保湿は欠かせません。脂質肌タイプの人に余計な油分は不要、といった具合です。(実際は複数のタイプが合わさるので、適切なスキンケアはもっと複雑です)
自身の肌タイプに合ったスキンケアで、美肌をキープしましょう!

遺伝子が関係している肌のトラブル

肌質遺伝子検査では、肌がもつさまざまなリスクがわかります。遺伝子検査キットによって検査内容・項目は異なりますが、以下のようなリスク判定が一般的です。

しみ・そばかすリスク
メラニンの量や活性酸素を取り除く力が低いと、しみ・そばかすができやすい体質です。メラニン量を調節するASIP遺伝子や、活性酸素を消去するSOD2、GSTP1、GCLM、NQO1などの遺伝子を検査することでリスクの高さを判定します。
シワ・たるみリスク
コラーゲンの分解や活性酸素の消去力によって、シワ・たるみのできやすさに影響します。コラーゲン分解にかかわるMMP1遺伝子や、活性酸素を消去するSOD2、GSTP1、GCLM、NQO1などの遺伝子を検査することでリスクの高さを判定します。
乾燥肌・敏感肌リスク
肌にうるおいを与える天然保湿因子(NMF)が十分に作られない体質の人は、乾燥肌・敏感肌のリスクが高くなると言われています。NMFを作り出すFLG遺伝子を検査することで、乾燥肌・敏感肌のリスクの高さが分かります。
脂性肌・毛穴開大リスク
皮脂の分泌が多いと脂性肌になりやすく、毛穴を広げてニキビの原因になります。皮脂の分泌にかかわるSRDA5A1、ABCC11遺伝子を検査することで、リスクの高さを判定します。

肌質コラム

遺伝子と肌タイプの関連性や肌リスクに応じた具体的なスキンケア方法など、コラム記事で詳しく紹介しています。

肌質・スキンケアに関する記事
ダイエット遺伝子検査って実際どうなの?体験者の検査結果・評価まとめ
あなたも持ってる!若返りホルモンの濃度にかかわるBMF遺伝子
乾燥肌・敏感肌の遺伝的リスクがある人は「秋枯れ肌」に注意!
肌に菌がいるってどういうこと?美肌に欠かせない皮膚常在菌とは
活性酸素にかかわる遺伝子が肌老化や老け顔を左右する!?
そばかす肌はメラニンと活性酸素に関係するASIP遺伝子が影響している
乾燥肌の原因とNMF(天然保湿因子)を作るFLG遺伝子の関係
シミのできやすさは遺伝する!?シミに関係するGPX1遺伝子とは
夏の皮脂はニキビの原因!正しい角栓除去と予防が大事
目に見えるものがすべてじゃない―太陽光の種類
日焼けは怖いと思うべき!?サンバーンとサンタンの違い
いつものスキンケアはNG!夏の紫外線・皮脂対策
夏ダイエット・美容のお供に最適!スイカの栄養素と効果
夏バテ悪循環を引き起こす!タンパク質不足に注意!

肌質遺伝子検査で役に立つこと

星の数ほどあるスキンケア用品の中から、自分にぴったりのものを探し出すのは難しいことです。有名な商品や他人のすすめで買ってみたけど、自分の肌に合わないというのは珍しいことではありません。
それは人間の肌質が人それぞれ違うからです。人の肌質は生活習慣・年齢などに加えて、遺伝子によって左右される要素があります。

人によって遺伝的な体質がばらばらなので、他人の生活習慣やスキンケア用品を真似してみても、うまくいかないことが多いのです。場合によっては、肌の状態を悪化させる逆効果になっているかも…(偶然、自分と似た肌質の人を真似ることができれば、うまくいくかもしれません)

遺伝子検査で自分の遺伝的な肌質を知っておけば、どのようなスキンケアがより効果的かが分かります。体質・年齢・季節などを考慮した適格なスキンケアを試みることで、美肌の維持につながります。

肌質遺伝子検査の良いところ・悪いところ

良いところ

  • 肌トラブルの要因がわかる。
  • どんな成分が肌に合っているかわかる。
  • スキンケア用品を選ぶ基準がわかる。
  • 肌老化を避けるための具体的な生活習慣の改善方法がわかる。

悪いところ

  • 効果的なスキンケア方法がわかるだけなので、自分から行動しなければ何も変わらない。
  • スキンケア用品自体の成分は自分で調べる必要がある。

肌質遺伝子検査の体験談

効果を知るには自分で試すのが一番ですが、その次に参考になるのは誰かが実際に体験した話です。当サイトでは、運営スタッフが実際に遺伝子検査キットを使い、検査結果を公開しています。

ジーンライフ スキン マイクロバイオーム

ジェネシスヘルスケアの肌質遺伝子検査キット「ジーンライフ SKIN MICROBIOME(スキン マイクロバイオーム)」は、皮膚常在菌を調べて肌の状態がわかる少し変わった検査キットです。
自身の遺伝子を調べるものではなく、4種類の皮膚常在菌バランスを検査することで「現在の肌状態」をチェックできます。

乾燥肌で保湿クリームが欠かせないという当サイトの運営スタッフが検査してみたところ、アクネ菌が通常の2倍いることが判明。

アクネ菌は善玉でも悪玉でもない日和見菌(ひよりみきん)といわれる菌で、優勢な方を味方してしまう菌です。
今回の検査では善玉菌が優勢だったため、アクネ菌は肌を保湿し弱酸性に保つのに役立っているとわかりました。

知っているようで知らない自分の肌状態。菌のバランスをチェックするだけで肌状態がわかるとは面白いものですね。

遺伝子検査キットの比較

おすすめキット

肌質遺伝子検査キットは種類が多く、実際に試すとなるとどれにしたらいいのか迷ってしまうと思います。
肌質専用のキットもありますが、一緒に他の項目も検査するキットが多い印象です。

大手の遺伝子検査業者ジェネシスヘルスケアが取り扱うGeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)や、ジーンライフ SKIN MICROBIOME(スキン マイクロバイオーム)ジーンライフ SKIN(スキン)などがとくにおすすめです。

ジーンライフジェネシスは総合的な遺伝子検査キットで、肌質遺伝子の他にも肥満タイプやがん・疾患などの病気のかかりやすさ、祖先のルーツやお酒の強さなど、さまざまなことが一度に調べられます。どのキットにするか迷ったらコレです。

  1. ジーンライフ ジェネシス2.0

    1位 ジーンライフ ジェネシス2.0

    総合 疾患 肥満 祖先

    価格 ¥19,800

    • ◆病気のかかりやすさ、祖先のルーツなど全360の検査内容がわかる。
    • ◆研究の進歩によって検査結果が更新される。
    • ◆唾液をとるだけ、誰にでも簡単に検査できる。
    • ◆大手通販サイトで売り上げ1位になった人気キット。
  2. 2位
    GeneLife SKIN MICROBIOME(マイクロバイオーム)

    2位GeneLife SKIN MICROBIOME(マイクロバイオーム)

    4つの皮膚常在菌バランスを検査し肌状態がわかります。自分の肌に合った最適なスキンケアに役立てましょう。 肌質

    価格¥9,980

  3. 3位
    GeneLife SKIN 肌老化遺伝子検査キット

    3位GeneLife SKIN 肌老化遺伝子検査キット

    肌老化に関する遺伝子を調べ、肌タイプを判定できるキットです。自分に合った最適なスキンケア方法がわかります。 肌質

    価格¥2,980

4位以下のキット