お酒の強さを知り、適切な飲酒量がわかるアルコール感受性遺伝子検査

ページトップアイコンアルコール

アルコール感受性遺伝子検査で何がわかる?お酒の強さと遺伝子の関係や仕組み、検査キットを体験した感想や商品の比較など、アルコール感受性遺伝子検査に関する情報をまとめています。

アルコール感受性遺伝子検査とはトップイメージ

アルコール感受性遺伝子検査でわかること

アルコール感受性遺伝子検査とは

お酒に強い人、弱い人、すぐ赤くなる人、まったく肌色が変わらない人。お酒に対する体の反応は人それぞれです。飲みなれている人が強いのでしょうか?それとも生まれつき?

お酒の強さには、実は遺伝子がかかわっています。アルコール感受性にかかわる遺伝子を調べれば、あなたのお酒の強さがわかります。

遺伝的なお酒の強さを知っておけば、どのくらい飲める体質なのか理解でき、適切な飲酒量を考える助けになります。

お酒の強さには遺伝子が関係している

体内に取り込まれたアルコールは分解されてアセトアルデヒドになり、次に酢酸、最後は水と二酸化炭素となって体外へ排出されます。

この「アルコール分解力」と「アセトアルデヒド分解力」には、それぞれ別々の遺伝子がかかわっています。
遺伝子には型(タイプ)があり、人それぞれ型が違います。つまり遺伝子のタイプによって、お酒の強さが違うのです。

お酒の強さにかかわる2つの酵素、2つの遺伝子

アルコールの分解力を決める遺伝子

お酒に含まれるアルコール(エタノール)は、体内のアルコール脱水素酵素によって分解されます。
アルコール脱水素酵素にはADH1B遺伝子がかかわっており、この遺伝子の型によってアルコール分解力が違います。

アルコールが体内に入ると酔いの原因になります。アルコール分解力の低い人は、血中にアルコールが残りやすいためほろ酔い気分になります。
逆に分解力が高い人は血中にアルコールが残りづらいため、ほろ酔い気分になりづらい体質です。

アセトアルデヒドの分解力を決める遺伝子

分解されたアルコールはアセトアルデヒドという毒性の強い物質になります。アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に変えられます。
アセトアルデヒド脱水素酵素にはALDH2遺伝子がかかわっており、この遺伝子の型によってアセトアルデヒド分解力が違います。

アセトアルデヒドは毒性が強く、分解力の低い人は健康への影響が大きいといえます。肝臓にアセトアルデヒドが残りやすく、顔が赤くなったり、動悸が早くなったり、気分が悪くなったりします。
分解力の強い人は酔いづらく、たくさんお酒を飲めてしまいます。いわゆる酒豪といわれるタイプですが、その分長時間肝臓に負担をかけるため、飲みすぎに注意が必要な体質です。

お酒の強さと遺伝子型の組み合わせ

遺伝子型の組み合わせによって、6つのタイプに分類されます。どのタイプに属しているかで、お酒への強さも異なってきます。

お酒を体内で分解しやすいのは、2つの酵素の遺伝子型が高活性に分類されるタイプに属している方です。

アルコール脱水素酵素
G/G型(低活性) G/A型(中活性) A/A型(高活性)
アルデヒド脱水素酵素 G/G型(低活性) 酔いやすくお酒に強いタイプ やや酔いやすくお酒に強いタイプ 酔いにくくお酒に強いタイプ
G/A型(中活性) 酔いやすくお酒に弱いタイプ やや酔いやすくお酒に弱いタイプ 酔いにくいがお酒に弱いタイプ
A/A型(不活性) 全く飲めないタイプ

アルコール感受性遺伝子検査で役に立つこと

アルコール感受性にかかわる遺伝子を検査すれば、自分が酔いやすいのかどうか、お酒に強いタイプなのかわかります。
強い人も弱い人も、お酒の強さを証明できる手段でもあります。

アセトアルデヒド分解力が低いタイプの人は、たくさん飲むと気分が悪くなりやすいので、ほどほどに楽しみましょう。分解できない下戸タイプの人は、自分の体質を説明して飲み会をお断りするのもひとつの手です。

アセトアルデヒド分解力が高いタイプの人は、ついたくさん飲みすぎてしまう傾向があるので、健康や依存症へのリスクが高いです。お酒に強い体質を過信しないよう注意しましょう。

遺伝子検査キットの体験談

効果を知るには自分で試すのが一番ですが、その次に参考になるのは誰かが実際に体験した話です。当サイトでは、運営スタッフが実際に遺伝子検査キットを使い、検査結果を公開しています。

GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

社内でも指折りの酒豪スタッフが、アルコール感受性遺伝子検査キットを体験してみました。

結果は予想通りお酒に強いタイプ!遺伝子によって体質が決まるというのが、とてもわかりやすい好例でした。

著名人の遺伝子検査体験

女性の適正飲酒啓発活動として始まった「ほど酔い女子プロジェクト」で、PRキャラクターを務める女芸人のいとうあさこさん。

記憶が無くなるまで飲むことも珍しくない呑兵衛(のんべえ)のいとうあさこさんですが、アルコール感受性遺伝子検査でもズバリ大酒飲みタイプと判定!

数々の酒豪エピソードは、一族から受け継がれた遺伝子とお酒の強さの関係を証明するかのよう。

酒豪と知られるいとうあさこさんの遺伝子検査結果は「ほど酔い女子」?

遺伝子検査キットの比較

おすすめキット

アルコール感受性遺伝子を調べる専用キットもありますが、ほとんどは病気のリスクなども一緒に調べるものです。

お酒の強さがわかる遺伝子検査キットの中で、とくにおすすめなのはジェネシスヘルスケアのGeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)です。
お酒の強さ以外にも、遺伝的な病気のかかりやすさや肥満タイプ、祖先のルーツ、寿命の長さといった体質など、さまざまな項目が一度に検査できる総合遺伝子検査キットです。

どうしても安い方が良いという方は、専用キットであるGENOTYPIST(ジェノタイピスト) アルコール感受性遺伝子検査キットもおすすめです。

  1. ジーンライフ ジェネシス2.0

    1位 ジーンライフ ジェネシス2.0

    総合 疾患 肥満 祖先

    価格 ¥32,184(税込)

    • ◆病気のかかりやすさ、祖先のルーツなど全360の検査内容がわかる。
    • ◆研究の進歩によって検査結果が更新される。
    • ◆唾液をとるだけ、誰にでも簡単に検査できる。
    • ◆大手通販サイトで売り上げ1位になった人気キット。
  2. 2位

    2位GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検査キット

    お酒に対する強さ・健康への影響を知ることができます。9段階のアルコール体質カードでお酒の強さがわかる! アルコール感受性

    価格¥5,700(税込)

  3. 3位
    GeneLife Myself2.0(ジーンライフ マイセルフ)

    3位GeneLife Myself2.0(ジーンライフ マイセルフ)

    「現在の性格」と「生まれ持った性格」を比較・分析できます。本当の自分らしさを知り、人付き合いや進路、人生設計に役立てましょう。 総合

    価格¥32,184(税込)

4位以下のキット

  1. DNAファクター 生活習慣病リスク遺伝子検査+ダイエット遺伝子
  2. GeneLife Premium(ジーンライフ プレミアム)
  3. MYCODE ヘルスケア

    MYCODE ヘルスケア

    総合

    価格¥32,184(税込)

  4. MYCODE ディスカバリー

    MYCODE ディスカバリー

    祖先

    価格¥10,584(税込)

  5. ジーンクエストALL

    ジーンクエストALL

    総合

    価格¥49,800(税込)

  6. ヒメナのアルコール感受性遺伝子検査キット

    ヒメナのアルコール感受性遺伝子検査キット

    アルコール感受性

    価格¥9,720(税込)