愛犬・愛猫を深く理解する!おすすめのペット用遺伝子検査キット比較ランキング

ページトップアイコンペット

遺伝子検査は人間だけのものではありません。あなたのペットを検査できるキットもあります。ペット用の遺伝子検査キットを選ぶ際に見比べるべきポイントや、特におすすめの商品をご紹介します。

ペット遺伝子検査の比較ポイント

ペット遺伝子検査って?

動物は、犬種・猫種によってかかりやすい病気が決まっています。病気を発症する可能性がある遺伝子をもっているかどうかを検査し、予防できるようになるのがペット遺伝子検査です。

ペット遺伝子検査については、以下の基本情報ページをご覧ください。
参考:ペット遺伝子検査とは

検査内容の違い

遺伝子検査をすれば、遺伝性疾患を引き起こす遺伝子を持っているかどうかわかります。

発症要因となる遺伝子を持っていても必ず病気になるわけではありませんが、病気のリスクをもった動物を繁殖させないようにする意味もあります。

病気の他にも、個体識別、犬種鑑定、コートカラー(毛色)や毛の長さに関する遺伝子、親子鑑定など、さまざまな検査があります。

動物病院と遺伝子検査キットの違い

動物病院でも遺伝子検査は可能です。病院での検査の場合、採血だったり検査キットを使ったりと病院によって異なります。
検査できる内容や費用も病院によって大きく異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

遺伝子検査キットの場合、専用の綿棒でペットの口から唾液を採取します。採取した検体を検査機関に送ると、約1か月で検査結果が届きます。

キットの価格

ペット用遺伝子検査もヒト用遺伝子検査と同様に、検査する内容によって値段が変わる傾向があります。
犬の歯周病菌DNAを調べるだけの検査キットは約1万円ですが、疾患遺伝子を調べる検査キットは約6万円です。この価格差は主に解析作業によるもので、検査の期間にも差があります。

病院での検査費用は、病院やペットの種類などによって異なり、公開していないところも多いですが、7,000~12,000円くらいが相場のようです。

病院遺伝子検査キット
検査する試料血液や唾液唾液
価格1項目約7,000~12,000円約1~6万円

おすすめの遺伝子検査キットランキング

自宅で遺伝病の発症リスクがわかるペットドッグハブ

ペットドッグハブ
  • 遺伝性疾患の発症に関する遺伝子を持っているかどうかわかる
  • 遺伝病を持った子犬・子猫の繁殖を防ぐことができる
  • 病院を嫌がるペットでも自宅で検査できる

DNA FACTORの「PET DOG HAB/PET CAT HAB(ペットドッグハブ/ペットキャットハブ)」は、犬・猫の遺伝性疾患に関する遺伝子を検査します。

ペットの外見では判断できない「遺伝病に関する遺伝子をもっているかどうか」を検査できるので、発症を予防したり、遺伝病を持った子孫を繁殖させないようにできます。

遺伝子検査は病院でもできますが、病院を嫌がるペットは珍しくありません。遺伝子検査キットは、自宅で飼い主自身が採取できるため、病院嫌いのペットでも検査できます。

PET DOG HAB(ペットドッグハブ)

PET DOG HAB(ペットドッグハブ)

あなたの愛犬の遺伝的な要因を持つ疾患について検査できる国内初の遺伝子検査キットです。 ペット用

価格¥59,800

その他のペット用遺伝子検査キット

まとめ

「ペットドッグハブ/ペットキャットハブ」は、愛犬・愛猫が遺伝性疾患の要因遺伝子を持っているかどうかを調べます。
自宅で簡単に検査できるので、病院嫌いのペットを検査したい方でも安心です。