愛犬・愛猫の遺伝性疾患リスクを知り予防できるペット遺伝子検査

ページトップアイコンペット

ペット遺伝子検査で何がわかる?人間の遺伝子検査との違いは?検査できる病気の種類など、ペット遺伝子検査に関する情報をまとめています。

ペット遺伝子検査ってなに?トップイメージ

ペット遺伝子検査でわかること

ペットの遺伝子検査とは

遺伝子検査は人間だけのものではありません。あなたの愛犬・愛猫を検査できるキットもあります。

ペット遺伝子検査では、動物たちの遺伝子を調べ、どのような病気にかかりやすいかを知ることができます。
かかりやすい病気を知っておくことで、適切な対策をし予防ができるようになります。

家族の一員に迎えた大切なペットのために、これから生まれてくる子犬や子猫を救うために、ペット遺伝子検査キットで検査をしてあげることで生活の質を向上させることができます。

犬・猫の遺伝病

遺伝病(遺伝性疾患、遺伝子疾患)は、遺伝子の変異が要因となる疾患です。犬種・猫種レベルで遺伝子異常が解明されている疾患もあります。
どんな遺伝子を受け継いでいるかは生まれたときに決まっており、どんな遺伝病にかかりやすいかも生まれつき決まっているのです。

犬の遺伝病は600以上の疾患があると言われており、先天的な肝臓障害、白内障、ひきつけやてんかん発作などを起こす神経疾患、免疫不全や関節・骨格の異常などさまざまです。

猫の遺伝病も300以上あると言われており、犬と同様にさまざまな遺伝病のリスクを抱えています。

検査キットで調べられる遺伝子性疾患の種類

遺伝子検査キットでは、さまざまな種類の遺伝性疾患の発症リスクを調べることができます。
検査キットで取扱っているペット向け遺伝性疾患の種類と症状などをご紹介します。

進行性網膜萎縮症(PRA)

網膜が変性・萎縮する病気で、遺伝的要因の影響を強く受けます。
夜盲症(やもうしょう)の症状に始まり、徐々に進行して最終的には失明に至ります。

  • 対象犬種
    • トイ・プードル
    • ミニチュア・トイプードル
    • ヨークシャーテリア
    • ゴールデン・レトリバー
    • ラブラドール・レトリバー
    • アメリカン・コッカー・スパニエル
    • オーストラリアン・シェパード
    • ミニチュア・LH・ダックスフンド
    • ウェルシュ・コーギー・スパニエル

セロイドリポフスチン症(CL)

ライソゾーム内の分解酵素の遺伝的な異常により、セロイドやリポフスチンなどの脂質酸化物が細胞内に過剰に蓄積し、神経細胞が侵される病気です。

  • 対象犬種
    • ボーダー・コリー

遺伝性好中球減少症(TNS)

末梢血中の好中球の顕著な減少や骨髄における骨髄系細胞の過形成を特徴とします。
好中球減少により、致命的な感染症にかかりやすくなります。

  • 対象犬種
    • ボーダー・コリー

肥大型心筋症(HCM)

心臓の筋肉がどんどん厚くなってしまう心臓病です。猫の場合、調子が悪くてもじっとしていることが多く、咳もめったにしないので目立った症状がほとんど出ません。
ひどくなると、突然後ろ足を激しく痛がり、起き上がることもできなくなります。
ぎゃあぎゃあ泣き叫びのたうち回り、口を大きく開けハアハアしながら苦しみます。

  • 対象犬種・猫種
    • メインクーン
    • ラグドール

イベルメクチン感受性(MDR1)

薬物の体内動態に関係するタンパク質、「MDR1(P-糖タンパク)」をコードする遺伝子に変異があり、イベルメクチンの投与によって、傾眠や運動失調などの神経毒性の副作用を呈します。

  • 対象犬種
    • コリー
    • ボーダー・コリー
    • シェットランド・シープドッグ
    • オーストラリアン・シェパード
    • イングリッシュ・シェパード
    • ジャーマン・シェパード
    • ホワイト・スイス・シェパード

フォンウィルブランド病(VWD)

フォンウィルブランド因子の質的・量的な異常から1次止血が障害されることによって引き起こされる遺伝性の止血異常症です。

  • 対象犬種
    • W・コーギー・ペンブローグ
    • ドーベルマン・ピンシャー
    • スコティッシュ・テリア
    • シェットランド・シープドッグ

コリー・アイ(CEA)

脈略膜の局所的な発育不全や網膜内の過剰な血管新生などを特徴とする遺伝性の眼疾患です。症状には個体差があり、一生を通じて無症状の場合もあれば、失明にいたる場合もあります。

  • 対象犬種
    • コリー
    • ボーダー・コリー
    • シェットランド・シープドッグ
    • オーストラリアン・シェパード

GM1-ガングリオシドーシス(GM1)

β-ガラクトシターゼ活性の遺伝的な異常により、脳をはじめ全身の臓器に異常をきたすライソゾーム病です。

  • 対象犬種
    • 柴犬

GM2-ガングリオシドーシス(GM2)

GM2-ガングリオシドーシスはGM2ガンゴリオシドがライソゾーム内で分解されずに蓄積することによって引き起こされる疾患です。
日本猫ではHEXB遺伝子の変異が原因遺伝子変異として特定されています。

  • 対象猫種
    • 日本猫

動物病院と遺伝子検査キットの違い

動物病院でも遺伝子検査は可能です。病院での検査の場合、採血だったり検査キットを使ったりと病院によって異なります。費用は病院やペットの種類などによって異なり、公開していないところも多いですが、7,000~12,000円くらいが相場のようです。
検査できる内容や費用も病院によって大きく異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

遺伝子検査キットの場合、専用の綿棒でペットの口から唾液を採取します。採取した検体を検査機関に送ると、約1か月で検査結果が届きます。

ペット遺伝子検査で役に立つこと

ペットの犬種・猫種によってかかりやすい遺伝性疾患を知っておくことで、生活改善して予防ができます。どのように生活改善すればいいかは、検査レポートにかかれているので安心です。

人間の遺伝子検査と同じく、かかりやすい病気をあらかじめ知っておくことで、予防できるようになるのが遺伝子検査の利点です。

遺伝子検査キットの比較

おすすめキット

ペットの遺伝子検査ができるキットはかなり数が少なく、比較するほど存在しません。

DNAファクターのPET DOG HAB(ペットドッグハブ)は犬用の遺伝子検査キットです。同じ価格で、猫用の遺伝子検査キットもあります。

  1. 1位 DNAファクター PET DOG HAB(ペットドッグハブ)

    ペット

    価格 ¥59,800

    • ◆犬種によってかかりやすさの違う遺伝性疾患に関する遺伝子をもっているかどうか分かる。
    • ◆あらかじめ発症しやすさを知っておくことで対策・予防ができる。
    • ◆取扱い業者は数々のTV、雑誌で取り上げられた実績あり。