遺伝子検査で子どもの性格タイプに応じた接し方が分かる!

考える少年

「子どもが何を考えているか分からない」「なぜこんなことをするのだろう?」と思ったことはありませんか?
どんなに身近で見ていても、観察できるのは表面だけ。本人が考えていることは、本人にしか分かりません。

しかし、ヒトの性格や身体能力・学習能力は遺伝子によってある程度決まっているということが、研究によって分かっています。ご両親の性格・能力が、少しずつ受け継がれているのです。

表面に出てくる性格は、ごく一部です。近くで接していてもわからない内面、つまり行動や感情の根本的な要因が、遺伝子の検査でわかるのです。
遺伝的な性格のタイプに合わせたコミュニケーションをとり、お子様の魅力を引き出してあげましょう!

遺伝子検査で性格のタイプがわかる

子どもの能力遺伝子検査では、COMT、CHRNA4、5-HTTの3つの遺伝子を調べることで、子どもが持っている遺伝的な性格の傾向について調べることができます。

お子様が物事をどのように受け取るのか、その感性的な面を知ることで円滑なコミュニケーションを図ることができます。

子どもの性格からコミュニケーションを考える

子どもに限ることではありませんが、物事の考え方、理解力や記憶力、怒られた時の反応やリスク判断などは、人によってさまざまです。これは性格に基づいた行動であり、性格の根本には遺伝子があります。

人の感性にかかわる遺伝子があり、それを検査することで性格のタイプ(傾向)がわかります。感性遺伝子の型やそれぞれの性格に対する接し方についてご紹介します。

基本性格3タイプの接し方

COMTという遺伝子の型によって、繊細であるか温和な性格であるか、あるいは自己中心的なタイプであるかの傾向がわかります。
COMT遺伝子はAA型、AG型、GG型の3つのタイプに分類されます。

AA型:繊細なタイプ

このタイプは些細なことが気になってしまう性格です。消極的な一面があるので、お子様の疑問を1つ1つ根気よく、解決に導いてあげましょう。
疑問についてお互いに考えることで、コミュニケーションを図ることができます。

AG型:温和なタイプ

このタイプはおとなしく優しい、温和な性格です。最も接しやすいタイプですが、積極性に欠けている可能性もあります。子どもがどう考えているかを聞き、アドバイスして背中を押してあげることも必要です。

GG型:自己中心的なタイプ

このタイプは些細なことを気にせず折れない心を持っていますが、空気を読めない一面もあわせ持ちます。
悪いことは悪いことであると、その場ではっきりと言い聞かせることが大切です。反対に、良いことはとことん褒めてあげましょう。自分で判断して行動できるタイプなので、良い事・悪い事の区別ができるようになれば、積極的でのびのびと成長します。

リスク思考別の接し方

CHRNA4遺伝子ではCC+GG型、TT+AA型などの組み合わせパターンから、リスクに対する考え方の傾向がわかります。
リスクを恐れないほど奔放的な性格である傾向があり、リスクを恐れるほど回避しようとして消極的になります。

リスクを恐れない奔放的な性格であれば、基本は放任主義で大丈夫です。もちろん叱ることも大切ですが、逆に縛ろうとすればするほど、反発してしまいます。
本当に困ったことがあれば、自分から聞いてくると思います。そのときあなたが信頼されているかが大切です。信頼が無ければ、どんどん離れていってしまうでしょう。口やかましくお説教するのではなく、伝えたいことは一言二言で済ませるのです。いろいろな経験をすることで、たくましく成長します。

逆にリスク回避傾向が強いタイプは、真面目で堅実な性格といえます。消極的な性格でもあるので、失敗は悪いことではないということを言い聞かせる必要があるかもしれません。
親子でいろいろなことに挑戦すれば、自分からできることを学んでいき行動の幅が広がっていきます。「これは大丈夫」「自分ならできる」と本人が判断できるようになれば、堅実で信頼される人物になるでしょう。

落ち込みやすさ別の接し方

5-HTT遺伝子では、落ち込みやすさの傾向を知ることができます。5-HTT遺伝子のタイプはLL型、SL型、SS型の3つのタイプに分類されます。
落ち込みにくいほどストレス耐性が高く、落ち込みやすいほどストレス耐性が低くなる傾向にあります。

落ち込みにくいタイプであれば、辛抱強く何事にもストレスを感じにくい傾向にあります。失敗を気にすることなく挑戦していくので、応援してどんどん前に進ませましょう。
遺伝的な身体能力に合った競技を学べば、スポーツ分野での活躍も期待できます。

反対に落ち込みやすい傾向にあると感受性が強く、一つの物事について深く考え創造できる傾向にあります。
ただし、複数のことを一度にやろうとするとパニックになる可能性も持っています。落ち着いて一つずつ終わらせるようにし、終わったことに対し自信を持つように意識を向けさせましょう。失敗しても強く責めず、成功した点を褒めてあげることが大切です。

能力遺伝子検査で他にわかること

能力遺伝子には、他にも記憶力や知性などの「学習」能力や瞬発力や持久力など運動にかかわる「身体」能力があります。文系か理系か、どういった競技に向いているかなどがわかります。
それぞれの分野において、子どもの得意・不得意なことを理解することで、子どもが大きくなった時の習い事など将来に向けた教育方針を立てることにつながります。

遺伝的な能力は絶対ではなく、歳を重ねるごとに影響が薄れていきます。環境に影響され、性格や能力が変わっていくためです。つまり苦手な面も、教育や訓練次第で補うことができるのです。もちろん、良い部分をもっと伸ばすこともできます。
持って生まれた性格・能力の傾向に合った接し方を工夫することで、お子様の魅力を引き出してあげましょう!

性格・能力がわかる遺伝子検査キット

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」
DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。
¥69,800