男女や人それぞれ体感温度に個人差がある!これ実は遺伝子のせいです

男女や人それぞれ体感温度に個人差がある!これ実は遺伝子のせいです イメージ画像

女「ちょっと寒くない?」

男「いやちょうど良いくらいだけど」

女「ちょっと温度の設定変えるね」

というのはエアコンの効いた部屋で良くある男女の会話。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?下手したらエアコンの温度で戦争が起きそうなレベルですよね。

そもそも男女では体感温度が異なるのが原因なのですが、なぜ体感できる温度が男女の間で異なるか考えたことってありますよね?

なぜ男女で体感温度が異なる?

男女で体感温度に違いが出てくるのは、実は温度を感じ取る能力に違いが出ているから。その能力の違いを決めているのが、脳に温度を通知するためのTRPM2遺伝子なのです。

体感温度に関する遺伝子(TRPM2)とは
人間が周囲の温度を感じ取ることを手助けする遺伝子のこと。感じ取った温度情報を脳に信号として通知する役割を果たしています。人それぞれ体感温度が異なる原因の1つとなっています。

そして、TRPM2遺伝子の性質が人それぞれ異なることで、暑がり・寒がりといった体質も異なっているというわけです。

体感温度には個人差もある

体感温度には男女だけでなく、そもそも個人差があります。例えば、寒冷地帯や熱帯地帯など普段どのように暮らしているかといった、生活環境にも左右されることが知られています。

例えば沖縄の人が北海道に行けば、必要以上に寒く感じることといえばイメージしやすいでしょうか。体内において暑い・寒いの個人差が出てくるのは、これらの経験による影響があるとも考えられます。


人間の知能や感性などの能力は人それぞれ違い、個性があるものです。その個性の違いを作っているのが、ほかならぬ遺伝子というわけ。他にも人間の持つ能力について関係のある遺伝子は多くあります。

その能力遺伝子について調べることのできる遺伝子検査キットも登場しており、自分の個性について簡単に把握することができるようになっています。

人間の能力遺伝子検査ができるキット

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800