乾燥肌・敏感肌の遺伝的リスクがある人は「秋枯れ肌」に注意!

秋の枯れ葉

蒸し暑い夏が去り、過ごしやすい気候になる秋。気候的には過ごしやすくなっても、肌には夏の疲れが残っています。朝晩の気温差が大きくなり、寒冷・乾燥などにさらされるので、知らぬ間に「秋枯れ肌」になってしまうかも!とくに乾燥肌・敏感肌などの遺伝的リスクが高い体質の人は要注意!

秋枯れ肌と乾燥肌リスク遺伝子

夏の強い紫外線の影響で肌にダメージが残っており、保湿機能やバリア機能が低下しているところへ秋の寒冷・乾燥が襲ってくると、秋枯れ肌を生み出してしまいます。この時期とくに以下に当てはまる人は秋枯れ肌かも…

  • 肌のツヤ、なめらかさが無くカサカサしている
  • 肌が分厚く硬くなったようなゴワゴワ感がある
  • ハリが無く、しぼんでいる
  • 全体的にくすんでいる
  • 敏感肌になっている(ひりひりする、赤くなる)

秋枯れ肌の原因

秋枯れ肌は紫外線による角質層のダメージと、肌の乾燥が主な原因です。
本来、肌の表面には皮膚細胞がキレイに並んでいます。皮膚細胞がキレイに並んでいると、すべすべした手触りです。しかし強い紫外線を浴びると、細胞の並びが乱れてしまいスキマができます。ここから肌の内側の水分が蒸発してしまうので、乾燥してきます。乾燥することで肌のきめ細かさが失われ、かさつき、ゴワゴワの原因になります。

細胞のキメが乱れると、紫外線が角質層を通り抜けやすくなります。紫外線によって肌のハリ、弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンが壊され、全体がしぼんだ印象になります。
また角質層のバリア機能が低下してしまい、敏感肌になります。いつもなら大丈夫な化粧品の成分に肌が反応し、かぶれ、かゆみ、赤くなるといった症状がでてきます。

10代、20代の方は秋枯れ肌が気になることは少ないと思います。30歳くらいから肌の水分や皮脂の分泌量が低下してくるので、影響を受けやすくなってきます。
とくに乾燥肌・敏感肌のリスク遺伝子をもつ体質の人は、秋枯れ肌になりやすい体質といえます。乾燥肌・敏感肌に関係するFLG(フィラグリン)遺伝子の型によっては、天然保湿因子(NMF)が十分に作られず、肌が乾燥しやすい肌タイプである可能性があります。

秋枯れ肌を防ぐには

秋枯れ肌を防ぐには、紫外線のカットと保湿が基本です。秋になり日差しは弱くなっても、紫外線は相変わらず降り注いでいます。しみ・そばかすリスク遺伝子を持つ方は特に気が抜けません。
30歳以上の方は、保湿に加えて油分も補ってあげましょう。過剰なオイル保湿は毛穴づまりを起こし、ニキビ要因になるのでご注意。脂性肌リスクが高い遺伝子タイプの方は、油分を補うより他の対策を重視した方がいいでしょう。

このように、ひとくちに秋枯れ肌対策といっても、年齢や肌タイプによって重視すべきスキンケアが変わってきます。誰にでも当てはまる完璧なスキンケア方法はありません。自身の肌タイプと季節に合わせたスキンケア対策で、美肌を維持しましょう。

肌タイプが分かる遺伝子検査キット

DNA BEAUTY 肌質遺伝子検査キット

DNA BEAUTY 肌質遺伝子検査キット

自分の肌トラブルについて遺伝子検査キットを使い自分の肌タイプにあったケアを知る事が出来ます。

¥10,800

GeneLife SKIN 肌老化遺伝子検査キット

GeneLife SKIN 肌老化遺伝子検査キット

肌老化に関する遺伝子を調べ、肌タイプを判定できるキットです。自分に合った最適なスキンケア方法がわかります。

¥3,980
→限定価格:¥2,980

GeneLife SKIN MICROBIOME(マイクロバイオーム)

GeneLife SKIN MICROBIOME(マイクロバイオーム)

4つの皮膚常在菌バランスを検査し肌状態がわかります。自分の肌に合った最適なスキンケアに役立てましょう。

¥9,980