あなたも持ってる!若返りホルモンの濃度にかかわるBMF遺伝子

あなたも持ってる!若返りホルモンの濃度にかかわるBMF遺伝子 イメージ画像

健康で長生きする人生を送りたいとは、誰もが一度は願うこと。もし長い気をするのであれば、美しく若々しく年を取りたいと考えますよね。

肌を若いまま保つというのは、これまで非常に難しいこととされてきました。しかし、最近ではアンチエイジングのような肌を若返らせる方法も確立されつつあり、その研究も年々進んでいます。

その研究の中でも興味深いのが、人間が若さを保つためのホルモンを体内で保持しているということ。そのホルモンは文字通り「若返りホルモン」と呼ばれています。

若返りホルモンの正体

人間の血液の中にはDHEASと呼ばれるホルモンが保持されており、これが年齢とともに失われることで老化や寿命に影響しているのではないかと考えられています。仮に老齢になってもこのDHEASの血中濃度が高ければ、寿命が延びる傾向にあることが分かっています。

このホルモンは個々人で血中濃度が全く異なり、その濃度について60%の遺伝性が存在するという研究結果も発表されています。その若返りホルモンの血中濃度を決めているのが、BMF遺伝子なのです。

若返りホルモンの濃度を決める遺伝子(BMF)とは
人間の老化に関連があるとされるDHEASの血中濃度を決める遺伝子のことです。この遺伝子のあるrs7181230に定義された内容でその血中濃度が決まる傾向にあります。

年を取ってから衰える肌質やかかりやすくなる病気でさえも、この若返りホルモンにより若々しく保持される可能性があるのです。このホルモンは個々人で血中濃度が全く異なり、その濃度について60%の遺伝性が存在するという研究結果も発表されていますね。

若返りホルモンの濃度にかかわる遺伝子(BMF)のタイプ分類!

若返りホルモンと呼ばれるDHEASの血中濃度を決めるBMF遺伝子は、この遺伝子に位置しているrs7181230において「G」の要素が多いほどDHEASの血中濃度が高くなる傾向があるのです。

  • GG型:DHEASの血中濃度が高く、若返りホルモンを多く保持しているタイプ
  • GA型:DHEASの血中濃度がやや高く、若返りホルモンも平均より多いタイプ
  • AA型:DHEASの血中濃度が低くなるため、若返りホルモンが少なくなるタイプ

今回のように若返りホルモンの血中濃度により、肌質が老いても維持される可能性はあります。しかし、普段のスキンケアにおいては、自分自身の肌タイプに合ったお手入れ方法を用いなければ効果を発揮しないとも言われています。

まずは、自分自身の肌質を把握するため、遺伝子レベルでの検査を自宅で始める方法も最近では人気になってきています。

肌タイプが分かる遺伝子検査キット

DNA BEAUTY 肌質遺伝子検査キット

DNA BEAUTY 肌質遺伝子検査キット

自分の肌トラブルについて遺伝子検査キットを使い自分の肌タイプにあったケアを知る事が出来ます。

¥10,800

GeneLife SKIN 肌老化遺伝子検査キット

GeneLife SKIN 肌老化遺伝子検査キット

肌老化に関する遺伝子を調べ、肌タイプを判定できるキットです。自分に合った最適なスキンケア方法がわかります。

¥3,980
→限定価格:¥2,980

GeneLife SKIN MICROBIOME(マイクロバイオーム)

GeneLife SKIN MICROBIOME(マイクロバイオーム)

4つの皮膚常在菌バランスを検査し肌状態がわかります。自分の肌に合った最適なスキンケアに役立てましょう。

¥9,980