これがおすすめ!子どもの能力・才能がわかる遺伝子検査キット比較

子ども能力遺伝子検査キット 選ぶなら?

子どもの能力・才能がわかる遺伝子検査。お子様の将来を考え、習い事を決めたり教育に活かしたいという保護者の皆さまに人気があるジャンルです。

しかし子ども用遺伝子検査キットはひとつではなく、値段も高め…せっかく買うなら一番良いと思えるキットを選びたいですよね。

子どもの能力遺伝子検査って?何の役に立つの?という基本的なことから、代表的な4つの商品を比較、とくにおすすめのキットをご紹介します。

子どもの遺伝子検査でわかること

子どもの能力遺伝子検査って?

子どもの能力遺伝子検査とは、学習能力・身体能力・感性(性格)に関する遺伝子を検査し、子どもの潜在能力を知るものです。
遺伝子レベルでの得意・不得意が分かれば、教育に活かすことができます。

日本でもようやく遺伝子検査の認知度が高まってきましたが、まだまだ海外に比べるとごく一部の人しか知らないマイナーなモノというイメージがあります。

アメリカやヨーロッパではコンビニなどで検査キットが買えます。中国やマレーシアでは、子どもの遺伝子検査でその子に適した環境を与え、得意を伸ばす教育が当たり前のように行われています。

日本ではそこまで広まっていない遺伝子検査ですが、お子様の将来を考える保護者の皆さまにひそかなブームになっています。親子で検査したり、兄弟・姉妹の分を購入するリピーターもいます。

検査結果は何に役立つ?

子どもの能力遺伝子検査は、検査する遺伝子や内容によって、主に3つの分野に分かれています。

学習能力

学力に直結する分野です。子どもの遺伝子検査では一番注目されています。
文系か理系か、得意科目は何なのかを知ることができます。得意を伸ばす・不得意を補うなど、教育方針を決める助けになります。

記憶力、判断力、理解力、分析力、推理力、知性、IQ、数学的思考力、音感など。

身体能力

文字通り、体を動かす身体能力・運動神経に関係する分野です。
向いているスポーツや競技がわかります。習い事を決めたり、家族でスポーツを楽しむ参考になります。

瞬発力、持久力、エネルギー生産効率、刺激反応スピード、跳躍力、腕力、脚力、筋力など

感性(性格)

感性は子どもの性格形成に関する分野です。普段接しているだけでは分からない、潜在的な性格・物の考え方を知ることができます。
どんな遺伝的性格をもっているか分かれば、どう接するのが適しているか、しかり方・ほめ方の参考になります。

記憶力、注意力、忘却力、ストレス耐性、リスク管理、自信、楽観性、協調性、やる気、感情コントロール、我慢強さ、探求心、行動力、落ち込みやすさ、社会性など

よくある疑問・質問や注意点

  • 才能が無いと言われるのでは?
  • 検査の精度・信ぴょう性は?
  • こういうテストで子どもの能力を決めつけていいの?

まだまだ世間に浸透しておらず、謎の多い遺伝子検査。不安や疑問を抱える声もたくさんあります。

そもそも才能って…?

とくに多いのは「才能が無いと言われるのでは?」という声。せっかく今後に役立てようと思って検査したのに、才能が無いなんて結果が出たら嫌ですよね。

たしかに遺伝子検査では、検査結果がなるべく分かりやすくなるよう「~に優れた遺伝子のタイプ」といった表現しますが、それを良いか悪いか決めるのは結果を利用する本人なのです。

例えば、一般的にいうと協調性の高い人は社交性に長けていますが、自分の意思で(半ば自己中心的に)物事を進めていく能力には欠けていると言えます。
これは果たして良い事でしょうか?それとも悪いことでしょうか?

皆でひとつの物事を進めていくような、協調性が重視される場面では良い事ですが、新しいアイディアを出したり、何でも自分一人で決めなければならない場面には弱いかもしれません。
人間の長所・短所は、場面や見方ひとつで変わるのです。能力・才能を「良い・悪い」「優れている・劣っている」と考えること自体、間違っているといえます。

長距離種目は得意だけど短距離種目は苦手とか、我慢強さは低いけど行動力があるとか、良し悪しで決められない要素はたくさんあります。これが潜在能力・才能なのです。

検査の精度・信ぴょうは?

遺伝子検査と言われて、実際どんなことをしているか想像できるでしょうか? 採取した細胞の遺伝子を顕微鏡で見る?それとも、薬品を使って反応を確認する?なにか大掛かりな機械に通す?

おそらくほとんどの方が遺伝子検査と言われても、どんなことをやっているのか言い当てるのは難しいと思います。遺伝子検査とは、そういう未知の分野なのです。

といっても、医療関係の事柄は一般人にはほとんどわからないことばかりだと思います。
例えば健康診断。あれは目の前で検査してもらうので、なんとなく「ちゃんとやっている」と信ぴょう性は感じられますが、採血の結果や心電図の数値などが合っているかどうかは、専門家しかわかりません。

でも、健康診断の結果を疑う人はほとんどいません。人間は、自分の目で見たものを信じ、見たことないものはなかなか信じられないものです。
遺伝子検査も同様です。注文から結果通知まで、すべて郵送やウェブ上で完結してしまうので、謎のベールを感じてしまうのも仕方ありません。

正直なところ、当サイトのスタッフも遺伝子検査の現場を取材するまでは、「どんなことやってるの?」「ちゃんと検査してるの?」と半信半疑でした。しかし実際に検査現場を見る機会があり、そういった疑惑は吹き飛びました!

参考:「子ども能力」のDNAファクターラボで遺伝子検査の現場を突撃取材

こういうテストで決めつけていいの?

子どもの能力遺伝子検査は、お子様の可能性を最大限に活かすためにあります。
「検査結果はこう出ているから、こうしなければいけない」というような、結果をお子様に押し付けるような教育は考え物です。

遺伝子検査の結果はあくまで潜在能力を表したもので、人間の能力は環境から学び取っていくものも大きいのです。
人間の能力・才能への遺伝子の影響は3~6割と言われています。つまり、残りの4割は環境によって、成長とともに身につけていくのです。

どんなに遺伝的に得意だと判定されていても、本人が嫌がることをやらせていては逆効果。なんのために検査したのかわかりません。
遺伝子検査は、お子様や家族の未来が明るくなるために使われるべきだと思います。

潜在能力は、「もともと伸びやすい能力のこと」と考えると分かりやすいでしょう。
しかし優れた才能を持っていても、伸ばす工夫や適した環境が無ければ開花することはありません。

本人の能力・才能と興味が合致するようなサポートをしてあげましょう。
検査結果を参考にして、親身に接してあげれば、きっと才能が開花するはずです。

子ども能力遺伝子検査キットの比較

キット比較表

子どもの能力遺伝子検査のうち、代表的な4つの商品を比較しました。価格や検査内容などが大きく異なるので、ぜひ購入の際の参考にしてください。

DNAファクターショウイン/GIQ日本バイオチップDNAジャパン/iGENO
価格69,800円69,800円58,000円62,640円
検体採取方法専用綿棒専用綿棒専用綿棒専用綿棒
アドバイスブック○(別料金)
検査機関国内国内不明国内
検査完了までの日数30~60日30~60日30~50日20~30日

↓青は学習能力、緑は身体能力、黄は感性に関する検査内容です。

能力(遺伝子名)DNAファクターショウイン/GIQ日本バイオチップDNAジャパン/iGENO
記憶力(BDNF)
判断能力、理解力、分析力、推理力(CRM2)
知性、認知能力、IQ(SNAP25)
記憶力、学習力、知力(GRIN2B)
数学的思考(rs789859)
リスニング力(rs17135159)
音感(rs9854612)
耐久力(ACE)
速度、瞬発力、持久力(ACTN3)
持久力、エネルギー生産効率(mtDNA)
刺激反応スピード(PID)
好奇心(DRD4)
跳躍力、腕力、脚力(NR3C1)
筋力(CNTF)
記憶力、注意力、忘却力、ストレス耐性、勇気(COMT)
リスク管理、注意力(CHRNA4)
ストレス耐性(5-HTT)
自信、楽観性、協調性、やる気(5HT2A)
感情コントロール、我慢強さ(MAOA)
愛情要求、集中力、探求心、行動力(DAT-1)
神経質傾向、落ち込みやすさ(RORA)
打たれ強さ(rs10948347)
粘り強さ(rs17608059)
協調性(rs2701448)
社会性(OXTR)
ポジティブ度(rs322931)

DNAファクター

DNAファクター子どもの能力遺伝子検査

DNA FACTOR(ディーエヌエーファクター)の「子どもの能力遺伝子検査」は、子どもの潜在的な能力・才能がわかる代表的な遺伝子検査キットです。

子どもの遺伝子検査の先駆けとなった存在で、「さんタク」「NEWS ZERO」といったさまざまなメディアに取り上げられました。

当サイトが遺伝子検査ラボを取材した業者でもあり、間違いなく日本国内で検査を行っています。
海外からも受注しており、グローバルに展開しています。

子ども能力でどのキットか迷ったら、ここを選べば間違いありません。

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。 能力

価格¥69,800

ショウイン(GIQ)

株式会社ショウインは学習塾の運営で知られる業者です。学習能力の向上に重点を置いています。

キットとしては、前述のDNAファクターと全く同じものです。ファクターのキットをショウインがアレンジし、GIQとしてブランディングした商品です。
アドバイスブックの内容が学習塾の監修で、ショウインのオリジナルとなっています。

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。 能力

価格¥69,800

DNAジャパン(iGENO)

DNAジャパンはDNA鑑定なども行う専門機関です。裁判所・警察・医療機関からも依頼を受けることがあります。

検査する遺伝子の種類が最も多く、検査完了まで早いのが特徴的です。

※検査結果の冊子は別料金(税別3,000円)となっています。

iGENO Poitential & Ability

iGENO Poitential & Ability

iGENO Poitential & Ability(子ども"能力・感性"遺伝子検査)は、17遺伝子を解析し能力・感性がわかる遺伝子検査キットです。 能力

価格¥58,000

まとめ

子どもの能力遺伝子検査について、どう役立つのか、注意点やおすすめキットをご紹介してきました。最後に、記事内容を簡単にまとめます。

  • 遺伝子検査で子どもの潜在的な能力・才能がわかる。
  • 子どもの得意・不得意がわかれば、教育に活かすことができる。
  • 得意科目や向いているスポーツ、遺伝的な性格などがわかり、教育方針や習い事、接し方の参考にできる。
  • 才能が無いという評価はされない。遺伝的な能力・才能は、適した環境を与えてどう伸ばすかが大事。
  • 日本国内の検査機関で、ひとりひとりの遺伝子を丁寧に検査している。
  • どれにするか迷ったら、DNAファクターのキットがおすすめ。

まだまだ発展途上の遺伝子検査。検査内容を活かして世に出た子どもはまだいません。あなたのお子様が、その第一世代となるのです。

いつかお孫さんやひ孫さんの時代には、遺伝子検査で個々人の能力に応じた進路決定が、当たり前の時代になっているかもしれません。
ご家族で自分の遺伝子がどのように受け継がれていったか、そんな会話が日常的になるのも面白そうです。

自身や子どもたちのためだけではなく、子孫や一族の未来に役立てるのが遺伝子検査なのです。