最新研究で分かった人間の知能を決める52個の遺伝子!

最新研究で分かった人間の知能を決める52個の遺伝子 イメージ画像

遺伝子の研究も日々進歩していますが、アメリカとヨーロッパの合同研究チームによる最新の研究において知能にかかわる52個の遺伝子の発見が発表されました。52個のうち、12個の遺伝子は以前から知られているものでしたが、残りの40個の遺伝子は今回新たに発見されたもの!

これまでヒトゲノムの情報自体は既に解析が済んでいますが、まだ組み合わせが分かっただけにすぎません。今後これらのヒトゲノムがどのような働きを行うか、また体のどの部分に作用数るかを解明する段階にあるそうです。

新しい能力遺伝子と脳の働き

さて、この新しい遺伝子ですがその多くは脳内にある神経細胞の分化や情報の伝達経路となるシナプスの形成に大きくかかわっているものが多いのだとか。賢い人は脳の働きが速いとはよく言いますが、これが実際の遺伝子を解析することで実証されつつあるということなのでしょう。

分化とは
遺伝学の用語で、細胞がより特殊化したタイプの細胞に変化するプロセスのこと。難しく思ったら「脳内の神経細胞が賢くなる方向に変化した」という文脈で読み進めてください。

そして驚くべきことにこれらの新しい能力遺伝子の発見をもってしても、知能についての20%しか説明できないということ!実際には脳内にさらに数多くある別の能力遺伝子がかかわっているのです。さらに研究が進めば、他の能力遺伝子の動きも徐々に判明していくことでしょう。

現在役割が分かっている能力遺伝子を検査するには?

もちろん現在までにどのような役割を持ち、どのように作用するかが分かっている能力遺伝子も存在します。これらは主に学習能力・身体能力・感性能力の3つに分類されており、知能については主に学習能力遺伝子がその役割を担います。

現在の学習能力にかんする遺伝子検査では、記憶力・判断力・理解力・分析力・推理力・知性・認知能力に関する遺伝子を検査することができます。最近では自宅で検査を始められる遺伝子検査キットの販売もあり、自分自身の持つ遺伝子はどのような性質があるかを確認する1つのきっかけとなっています。

そして、知能に関する能力遺伝子の研究が進めば、現在販売されている能力遺伝子検査キットもパワーアップすること間違いなし!今後自分自身を知る意味でも、遺伝子検査キットに最新の研究結果が反映される可能性はあるので期待して待ちましょう!

能力に関連する遺伝子検査キット

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

DNAファクター 子どもの「能力遺伝子検査」

学習能力・身体能力・感性など、子どもの潜在能力・性格がわかるので、習い事や進路を決める手助けになります。

¥69,800

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

DNAファクター 大人の能力遺伝子検査

自分自身の持つ学習・感性の分野においてどのような潜在能力を持っているかが検査できる遺伝子検査キットです。

¥79,800

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

GIQ 学習能力・身体能力・感性遺伝子のフルバージョン鑑定

お子さまの持つ学習・身体・感性の3つの分野の潜在能力について調べることのできる遺伝子検査キットです。

¥69,800