ハプログループFは温暖な地域を好んだ瞬発・パワー型の人種

熱帯のビーチ

ミトコンドリア・ハプログループFは、東南アジアで最大規模の人口をもつ集団です。日本人の約5%が属しており、瞬発系・パワー系のアスリートが多いという特徴がみられます。北上に消極的で、温暖な気候を好む傾向があるグループです。

ハプログループFの特徴

東南アジアで最大規模のグループ

ミトコンドリア・ハプログループF

ハプログループFは東南アジアで約4万年前に誕生したグループで、東南アジア地域と大陸中央部に分布しています。あまり広い地域に拡散することはなく、北上した形跡も少ないことから、主に亜熱帯地域で生活していたと考えられています。

ベトナム・中国の南部・台湾の先住民の約20%が属しており、東南アジアで最大人口のグループです。ベンガル湾のニコバル諸島や中国雲南省のラフ族などで特に多く見られますが、中央アジアやメラネシア(オーストラリア北部の島々)では頻度が低く、アメリカ大陸では検出されていません。

グループFは、同じく東南アジアで多く見られるハプログループBと同じハプログループNを共通の祖先としています。しかし太平洋をぐるりと囲むように広く分布したグループBと違い、比較的狭い分布にとどまっています。
新天地を求め続けたハプログループBに比べると、グループFの人は穏やかでのんびりとした性質を持っているのかもしれません。

温暖な気候を好んだ人々

亜熱帯地域である東南アジアに多く見られるハプログループFは、寒さが苦手な体質なのではないかといわれています。

ATP(アデノシン三リン酸)という体内エネルギーのもとになる物質があります。ハプログループを分ける決め手にもなるミトコンドリアには、このATPを作る機能と熱に変換する機能があります。人が食事から得たエネルギーの4割程度をATPに変換し、残り6割を熱に変換します。
ハプログループFはこの熱変換率が低く、体を温めるのが苦手な体質であると考えられています。遺伝的な体質で寒さに弱いため、北方などの寒い地域へ進出することを控え、自分たちが過ごしやすい熱帯地域に住むことを選んだという説があります。

逆に、熱変換率の高いハプログループとしてハプログループGがあります。彼らは寒さに強く、主に寒冷地域に分布しています。南方への進出が少ないのも、ハプログループFと対照的で面白いところです。
参考:ハプログループGはATP変換率が高く長距離競技が得意な北方民

瞬間的にパワーを発揮するのが得意

オリンピック出場経験のある日本人141名の遺伝子を検査したところ、ハプログループFが多いという結果が出ました。とくにフェンシングやウエイトリフティングといった瞬発系・パワー系の競技に多く、その要因として細胞内のCa2+濃度の調節や解糖系によるATP生成速度、筋収縮の速度に差があるのではないかといわれています。

これもまた、寒冷な地域を好み、長距離・持久タイプのアスリートが多いハプログループGと対照的な特徴です。
地球上のあらゆる地域に分散していったそれぞれのハプログループが、自らの適応した体質によってグループごとの特徴となっているのです。

ハプログループFに属する著名人

元力士の舞の海秀平さんや女優の松居一代さん、安めぐみさんや倉科カナさんなどがハプログループFに属していることがわかっています。

他にも、青谷上寺地遺跡の弥生人骨や鎌倉市由比ヶ浜の出土人骨など、古代人の遺骨からも検出されています。

同じハプログループに属するということは、共通の祖先をもつ遠い親戚と考えることもできます。


日本人の大半は9~10のハプログループに分類できます。中にはもっと珍しいグループに属している人もいます。
あなたも東南アジア最大集団、熱帯の南国を好むパワー型アスリート体質のグループFに属しているかもしれません。

ハプログループがわかる遺伝子検査キット

ミトコンドリアハプログループはジーンライフ ジェネシス2.0やジーンライフ ハプロなどの遺伝子検査キットで調べることができます。
とくにジェネシスは母方の祖先を知るミトコンドリアハプログループの他に、父方の祖先がわかるY染色体ハプログループも検査できるのでとくにおすすめです。

※Y染色体は男性特有のもので、女性はY染色体ハプログループがありません。

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

かかりやすい病気、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。 総合

価格¥29,800

GeneLife Haplo(ジーンライフ ハプロ)

GeneLife Haplo(ジーンライフ ハプロ)

あなたの祖先はどこから日本へやってきたのか?祖先のルーツがハプログループでわかります。 祖先

価格¥9,800

その他のハプログループ

父方の祖先をたどるY染色体ハプログループとは
西ユーラシア最大のハプログループRはアジア・ヨーロッパの分岐点
アフリカ起源最古のハプログループLはミトコンドリア・イヴに最も近い
ハプログループCはモンゴル帝国とアメリカ先住民の共通祖先
中国南部発祥のハプログループN9はアイヌや台湾先住民の祖先
ハプログループM8は北方漢民族や遊牧民にかかわる人種
ハプログループM9はチベットの険しき山々を越えてきた人々
ハプログループFは温暖な地域を好んだ瞬発・パワー型の人種
ハプログループAはシベリアでマンモスを追った狩猟民族
ハプログループGはATP変換率が高く長距離競技が得意な北方民
ハプログループBは数々の島を渡ってきた日本最初の移住民
ハプログループM7は海に沈んだ幻の陸地スンダランドの子孫かも…
東アジア最大集団ハプログループDは弥生時代を支えた長寿民族