親子が似るのは遺伝の力!顔の特徴に関係する遺伝子

笑顔の親子

遺伝の仕組みはわからなくても、遺伝について一番わかりやすいのが親子の特徴。

とくに顔の特徴は、親兄弟だとすぐわかるくらいはっきり遺伝します。

でも、なかには似てない親子や兄弟・姉妹がいるのはなぜでしょう?
顔の特徴に関する遺伝子や、親子の遺伝についてご紹介します。

顔の特徴は遺伝する

親子の遺伝

まぶた、目の色、顔の形、毛髪、まつげの長さ、鼻の形、耳などなど…顔を構成するさまざまな特徴は、あなたの両親から遺伝していきました。

顔を構成するさまざまなパーツの特徴は、遺伝子によって決まっています。
子供が親に似ているのは、細胞分裂によってその遺伝子を受け継いでいるからです。

両親のどちらに似るのか

どの遺伝子が受け継がれるかはランダムなので、どちらに似るのかは産まれなければわかりません。

人間は身体の特徴を決める染色体を23組持っています。染色体は、遺伝子が入っている入れ物です。

子供は、両親から染色体をひとつずつ受け継ぎ、自分だけの新しい染色体の組み合わせを作り出します。
両親からの染色体の組み合わせは1,670万通りにもなるので、家族であっても特徴が完全一致しないのはこのためです。

娘は父親、息子は母親に似る?

遺伝子は両親からそれぞれ受け継ぐもので、娘だから父親から、息子だから母親から「濃く」遺伝する、という仕組みはありません。

遺伝はランダムなので、偶然どちらかにかたよる可能性はあります。

親子で似ていないのはなぜ?

遺伝には、顕性(けんせい)遺伝、潜性(せんせい)遺伝というものがあります。

遺伝子はふたつで一組です。組になったとき、特徴として表面に現れるのが顕性、現れないのが潜性です。

例えば、父親から遺伝子A、母親から遺伝子Bを受け継ぎ、子供の遺伝子型がABとなったとします。
このとき、もし遺伝子Aの特徴が現れない場合、遺伝子Aは潜性遺伝です。表面上はBの特徴が現れます。

つまり、親が持っている特徴を必ずしも子どもがもっているとは限らないのです。

潜性遺伝は、遺伝子としては受け継がれているので、孫などさらに下の世代で表に現れることがあります。これを隔世(かくせい)遺伝といいます。

遺伝の影響が強い顔の部位は?

最も遺伝の影響を受けやすい顔の部位は、「鼻の高さ」という研究結果があります。

鼻は顔の中心にあり、人の印象を大きく左右する部位です。

人が誰かを似ていると判断する際、無意識に鼻を見ているのかもしれません。

顔の特徴に関する遺伝子

ジーンライフ ジェネシス2.0 鼻根の高さ検査結果 ジーンライフ ジェネシス2.0 鼻根の高さ検査結果
ジーンライフ ジェネシス2.0 鼻根の高さ検査結果

「唇の厚さ」「鼻根の高さ」「耳の角度」「耳たぶの大きさ」「肌の明るさ」など、顔の特徴との関連性が判明している遺伝子があります。

顔の特徴以外にも、「身長」「座高比」「海馬の大きさ」といった身体的特徴に関する遺伝子もわかっています。

これらの遺伝子は検査キットで簡単にわかるので、自分がどんな遺伝子を持っていて、実際に特徴として現れているか見比べてみましょう。

遺伝子はあなたの子供たちにも受け継がれるので、どのような特徴が遺伝する可能性があるかもわかります。
交際相手や配偶者の検査結果と見比べてみて、どんな子どもになりそうか話すのも楽しいですね。

そっくりな有名人親子

まさに遺伝!といいたくなるほどそっくりな有名人親子を集めてみました。

※大人の事情で写真は載せられないので、画像検索ページをリンクにしています。(敬称略)

顔の特徴がわかる遺伝子検査キット

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

病気のかかりやすさ、太る要因、肌質、祖先のルーツ、お酒の強さ、寿命の長さなど、さまざまな病気・体質に関する360項目を一度に検査できるキットです。 総合

価格¥19,800