遺伝子レベルで肉体改造?新たなスポーツ不正、遺伝子ドーピング

遺伝子レベルで肉体改造?新たなスポーツ不正、遺伝子ドーピング イメージ画像

いよいよ世界陸上が始まりますね!さてさて、競技を公平かつ正確に行うために欠かせないのがドーピング検査。疑心暗鬼にならずに試合を見ることができるのは、ドーピング検査があるからこそ!

禁止薬物の服用が無いか確認するドーピング検査

そもそもドーピングとは運動能力の向上のために薬物を服用することを意味しています。禁止薬物については世界アンチドーピング機関(WADA)が世界的な基準を定めていて、その厳しさからアスリートは普段服用する可能性のあるビタミン剤からかぜ薬といったものまで含まれる成分に細心の注意を払っているそう。

しかし、現代ならではとでもいうのでしょうか?近年では運動にかかわる遺伝子を操作する、遺伝子ドーピングなるものが登場しています。遺伝子レベルでのドーピングは当然これまでの検査では検出されません。そのため、新たに遺伝子ドーピング検査というものが誕生しました。

遺伝子ドーピングとは
持久力や筋肉量の抑制など、特定の役割を持つ遺伝子を体内に注入しパワーアップを図ること。薬物検査での検出は困難なので、新たに遺伝子ドーピングの手法が確立されています。2016年のリオ・オリンピックでは、この検査が実際に行われました。

遺伝子レベルの不正なんて、通常の薬物検査での検出は困難。見た目で分かるわけでもないですし、見落としがありそう。いったいどのように遺伝子ドーピングを検査しているのでしょうか?

不正を暴く遺伝子ドーピング検査

もちろん検査する側も不正を見落とさないよう、きちんと準備がされています。最近の研究により遺伝子ドーピングを行っていれば、血液中にエリスロポエチン(EPO)と呼ばれる物質が生成されることが分かっています。

この検査方法や検査基準は、薬物ドーピング検査と同じく世界アンチドーピング機関(WADA)が定めているもの。2016年のリオデジャネイロ・オリンピックで導入されたのもこの検査方法で、やはり世界基準となっているもの。

このようにドーピングのような不正に対しては、きちんとした検査方法が確立されています。これなら、まだまだ安心してスポーツ競技の試合を見ることができそうです。

スポーツ・能力関連の遺伝子検査キット

DNA EXERCISE エクササイズ遺伝子検査キット

DNA EXERCISE エクササイズ遺伝子検査キット

スポーツ遺伝子として知られる3種類の遺伝子を検査し、自身に適した効果的な運動のアドバイスが受けられます。

¥7,560(税込)

【ジュニア用】DNA EXERCISE Jr. 遺伝子検査キット

【ジュニア用】DNA EXERCISE Jr. 遺伝子検査キット

3種類のスポーツ遺伝子を検査し、子どもの持つ持久力・バランス・瞬発力について知ることができます。

¥7,560(税込)