AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット) 商品情報

AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)
商品名:
AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)
取扱い業者:
株式会社イー・ケイ・コム

AGAドックは、口腔内粘膜を採取することで薄毛・AGAのリスクを調べることができる遺伝子検査キットです。
脱毛の傾向がわかる結果報告書と、生活習慣や食生活の改善、洗髪方法などの薄毛対策が掲載されたアドバイスブックをよく読んで、AGAの早期発見・早期治療に役立てましょう!

価格:¥12,960(税込)

購入する

商品の特徴

AGAドックは、男性型脱毛症(AGA)の発症リスクを調べることができる遺伝子検査キットです。口腔内の粘膜を採取棒でこすりとるだけで検査でき、薄毛男性の95%が共有する遺伝的変異を分析します。

検体(採取した綿棒)と申込用紙などの必要書類を封筒で返送すると、約2~3週間後に「検査結果報告書」と「AGAアドバイスブック」が送られてきます。
報告書では遺伝子検査で判明した脱毛の傾向が解説されており、アドバイスブックには生活習慣・食生活の改善、洗髪方法など、さまざまな薄毛対策が掲載されています。

また、検査を受けた方には1年間の薄毛対策サポートが用意されています。AGAの早期発見・早期治療を心がけましょう。

AGAドックのキット内容

AGAドックのキット内容

1.遺伝子検査・採取方法説明書
2.検査申込書(表)・AGAチェックシート(裏)
3.AR(アンドロゲン受容体)遺伝子検査同意書
4.ID番号シール
5.カルポーター(綿棒)
6.返信用封筒

※赤文字のものは検査のために返送する必要があります。

AGAに影響するアンドロゲンレセプターの感受性

AGAの原因は、男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が大きいと考えられています。AGAドックではこの「アンドロゲンを受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さ」を遺伝子レベルで分析し、AGAリスクを予測します。

アンドロゲンレセプターの感受性
感受性の高さは母方の遺伝子から引き継ぐところが大きく、母方の家系的に薄毛が見られるとAGA発症の確率も高くなると言えます。母方より影響は小さいものの父方からも引きつぐので、両親共に薄毛の家系であれば、さらにリスクは高くなるといえます。
脱毛リスク
脱毛リスク
CAG・GGCの塩基リピート数を合計して判定。若い時期にAGAを発症する危険度を予測します。
CAGリピート数は男性型脱毛症の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の作用に関係し、リピート回数が多いほどAGAの発症リスクが低くなります。
フィナステリドの感受性
フィナステリドの感受性
CAG単独の塩基リピート数にて判定。抗アンドロゲン薬フィナステリドによる治療効果の予測をします。

検査の手順

必要書類記入と簡単検査
「遺伝子・検査申込同意書」「AGAチェックシート」を記入し、「採取棒」で口内から検体を採取します。
同封の封筒で返送
手順1で用意したものを封筒に入れて、お近くの郵便局またはポストへ投函してください。(切手不要)
検査結果の到着
約2~3週間後に「検査結果報告書」と「AGAアドバイスブック」をお届けいたします。

キット体験談

AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット) 体験談
自分は遺伝子的にハゲてしまう?薄毛・AGA遺伝子検査キットを受けてみたAGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)
別の遺伝子検査キットで円形脱毛症のリスクが通常の人よりも2倍以上も高かった、Sです。もし仮に、AGA・薄毛に特化した遺伝子検査キットで同じような結果が出れば、ほぼほぼ僕の遺伝子は円形脱毛症に寄ってるんじゃないかと思い検査してみました。

検査項目一覧

  • アンドロゲンレセプター感受性の高さ
  • 脱毛リスク(CAG、GGCのリピート数を合計して判定)
  • フィナステリドの感受性(CAGのリピート数で判定)

基本情報

商品名AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)
取扱い業者株式会社イー・ケイ・コム
主な検査項目薄毛・AGA
検査項目数2
対象年齢全年齢(18歳未満の方は親権者の同意が必要)
価格¥12,960(税込)
検査日数約2~3週間
検査機関ジェネシス遺伝学研究所

取扱い業者情報