あなたもAGAになる!?AGAリスク判定ができるAR遺伝子を検査しよう!

あなたもAGAになる!?AGAリスク判定ができるAR遺伝子を検査しよう! イメージ画像

AGAは別名を男性型脱毛症という、髪の生え変わるサイクルが乱れて薄毛になってしまう病気のことをいいます。では、まだ薄毛になっていないので、気にしなくていいやと思ったそこのあなた!

薄毛ではないからAGAではないと考えるのは間違い。人間であれば誰しも、AGAを発症するリスクがあるのです!

誰でもAGAになる可能性がある

以前の記事でAGA発症の原因遺伝子について触れました。AGAの原因物質が作られた後、その原因物質が毛穴の中にある毛乳頭と結びついて間違った指令を髪に送ることで薄毛が進行することが分かりましたね。

つまり原因物質が毛乳頭に結び付けば、誰でもAGAを発症してしまうリスクがあるのです!薄毛になっていないからと言って油断は禁物です。

AGAのリスクを確認することはできるの?

このように誰もがAGAを発症するリスクを持っていることが分かりました。AGAリスクについて意識を持つことができたかもしれませんが、原因物質が結び付くかどうかというものは目には見えません。

では、どのように自分自身の持つAGAリスクがわかるのか?これはAGAの原因遺伝子の1つである、AR遺伝子を検査することで判定することができるのです。

AR遺伝子とは
AGAを発症させる原因となる遺伝子の1つで、AGAの原因物質と毛乳頭の結びつきやすさを決める遺伝子のこと。この遺伝子の構造により、AGAのリスクを判定することができます。

原因遺伝子の1つAR遺伝子でわかるAGAリスク

AR遺伝子を検査することで「若い時期にAGAを発症するリスク」を判断することができます。また、薄毛治療を行う際「フィナステリドによる治療効果があるか」について確認することができます。

「若い時期にAGAを発症するリスク」について

AR遺伝子の構造を見ると、”CAG”や”GGC”のようにAGAに関連する部品が連続している箇所があります。それらのパーツのリピート数(繰り返した数)を合計することで、AGAを発症するリスクについて分かるのです。リピート数37回~39回が基準となり、それより多ければAGAリスクが低く、それより少なければAGAリスクが高いと判断することができます。

「フィナステリドによる治療効果があるか」について

また他には、AGA治療に用いられるフィナステリドという成分が効きやすいかどうかを検査できます。フィナステリドというのはAGAの原因物質この検査ではAR遺伝子の内、”CAG”のリピート数で判定されます。リピート数25回~26回が基準となり、それより多ければ効果が高く、それより少なければ効果が薄いと判断することができます。


AGAの遺伝子検査は病院で行うものというイメージが強いかもしれませんが、それは違います。最近は自宅で手軽に検査に必要な遺伝子を採取し、専門の機関で検査してもらう遺伝子検査キットの販売も行われています。

薄毛・AGA関連の遺伝子検査キット

AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

口腔内粘膜を採取することで薄毛・AGAリスクを調べることができる遺伝子検査キットです。

¥12,960

AGAドック・レディ(女性用男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

AGAドック・レディ(女性用男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

口腔内粘膜を採取することで薄毛・AGAリスクを調べることができる遺伝子検査キットです。

¥12,960

Persona(ペルソナ)遺伝子検査キット

Persona(ペルソナ)遺伝子検査キット

遺伝子検査の結果から、あなたの遺伝的体質に合った育毛剤が提供されます。

¥44,600