AGAの原因遺伝子は2つ!薄毛が進行する仕組みを理解しよう!

AGAの原因遺伝子は2つ!薄毛が進行する仕組みを理解しよう! イメージ画像

薄毛の原因となるAGA。自分自身がAGAであるかどうかを判断するためには、特徴的な薄毛のタイプの確認や自身の髪の状態についてセルフチェックを行うことが知られています。

今回は自分自身ではその真偽が直接確認できない部分、つまりAGAの原因となる遺伝子について理解を深めていきましょう。

AGAの原因となる遺伝子って?

頭髪の天敵、AGAの原因に関係する遺伝子は主に2つあります。まずはこの2つの遺伝子について説明します。それぞれ遺伝性があるため、誰がAGAを発症してもおかしくはありません。

AGAはまず男性ホルモンとの結びつきで原因物質が生成されます。そして毛の根元にある毛乳頭に原因物質が結合し間違った指令を髪に出してしまうため、髪周期(ヘアサイクル)が狂い髪が抜け落ちてしまうのです。

5αリタクターゼの活性の高さを決める(5αR)遺伝子

男性ホルモンと結びついて、AGAの原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)を生成する遺伝子のこと。遺伝性があり、父親と母親の両方から遺伝する可能性があります。

アンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める(AR)遺伝子

AGAの原因物質DHTと毛の根本にある毛乳頭に結び付きやすさを決める遺伝子のこと。遺伝性があり、母親から遺伝する可能性があります。

近年のAGA対策方法

AGA対策として、医師から処方される薬剤やシャンプーや育毛剤などの商品が増えてきました。現在主流となっているのは、AGAの原因物質生成の原因となる5αR遺伝子の活性を抑えるもの。

しかし、この5αR遺伝子にはI型とII型の2種類が存在するため、成分表示は気を付けてみておかなければなりません。

5αR遺伝子(I型)の活性を抑えるためには、デュタステリドの成分が入った育毛剤やシャンプーを選択すると効果的な対策が行えます。5αR遺伝子(II型)の活性を抑えるためには、デュタステリドまたはフィナステリドの成分が入った育毛剤やシャンプーを選択すると効果的な対策が行えます。

自分の遺伝子型に合ったものを選ぶ

原因物質を生成するもとになる5αR遺伝子ですが、どちらの型にも共通して効果があるのはデュタステリドという成分が入ったもの!

AGAによる薄毛対策の商品の中でフィナステリドの成分が入ったものもありますが、5αR遺伝子(I型)の多い方には効果がない可能性があります。


AGAの原因遺伝子には2つあり、そのうち5αR遺伝子対策としては原因物質生成のもとである5αR遺伝子の活動を抑える方法とその成分について紹介しました。

AGA前にも予防の観点から、AGAリスクについて調べることもできます。

薄毛・AGA関連の遺伝子検査キット

AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

AGAドック(男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

口腔内粘膜を採取することで薄毛・AGAリスクを調べることができる遺伝子検査キットです。

¥12,960(税込)

AGAドック・レディ(女性用男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

AGAドック・レディ(女性用男性型脱毛症 遺伝子検査キット)

口腔内粘膜を採取することで薄毛・AGAリスクを調べることができる遺伝子検査キットです。

¥12,960(税込)

Persona(ペルソナ)遺伝子検査キット

Persona(ペルソナ)遺伝子検査キット

遺伝子検査の結果から、あなたの遺伝的体質に合った育毛剤が提供されます。

¥40,608(税込)